「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2016/06/02 (木)

手ごわい汚れもプロに任せればラクチン&キレイ!ハウスクリーニングを使いこなそう

掃除が難しいスポットを、プロのテクニックでキレイにしてくれるハウスクリーニング。きっかけさえあれば頼んでみたいという人が増えています。素人にはマネができないテクニックを活用して、家の中のたまった汚れをリセットしてみましょう!

ハウスクリーニングってどんなサービス?

手間の掛かる掃除の代行サービス「ハウスクリーニング」。自分でやればタダなのに、わざわざお金を払って掃除を頼むなんて贅沢!と思う人も多いのでは?しかし、ハウスクリーニング会社は掃除のプロ。素人の私たちでは目につかない箇所や、手に負えない汚れも、そのノウハウで徹底的に掃除し、ピカピカにしてくれます。

ハウスクリーニングの基本は、汚れやほこりを取り除くこと。依頼者の希望を聞いて、外せるパーツはできるだけ外し、分解できるものは分解して、しつこい汚れまで落としてくれます。この手際は掃除に慣れているプロならではのもの。自分でやってみたら外したパーツが元に戻せなくなった、というのはよくある話で、ひどい場合には、無理に戻そうとしてパーツを破損してしまったという悲劇も…。

ありがたみはわかるけれど、頼むきっかけがないハウスクリーニング。実際に興味がある人はどれくらいいるのでしょうか?

【機会があればハウスクリーニングサービスを使ってみたいと思いますか?】
使ってみたいと思う 42.6%
使ってみたいと思わない 57.4%

回答数の半分に近い42.6%の人が、ハウスクリーニングに興味を持っているという結果になりました。
家の中は、家族が増えるほど、物が多いほど、掃除がしにくいもの。日ごろの掃除はもちろん、大掃除でもキレイにしきれないスポットがあるのではないでしょうか。

さらに、「使ってみたいと思う」と答えた方に、理由を教えてもらいました。

「一度は徹底的にキレイにしてリセットしたい気持ちがあります」(48歳/男性/出版・マスコミ関係)
「どうしても自分では落としきれない汚れがあると思うので」(39歳/女性/その他)
「一度体験された方から、とてもキレイにしてもらえたと聞いたので」(40歳/女性/主婦)
「プロの匠の技を習得したい」(56歳/男性/その他)

やはり、自力では落としきれない汚れを落としてもらいたい、という理由が最も多いものとなりました。他には、プロの技を見て覚えたい、という勉強熱心な方も数名。実は使ってみたいのに使ったことのない人でも、サービスを利用した知人からのクチコミがきっかけだと信頼感が増し、頼みやすくなりそうですね。

お金を払ってでもプロに頼みたいスポットがある!

アンケートの結果では、機会があればハウスクリーニングを頼んでみたい人が意外に多いことがわかりました。

では、プロならではのテクニックでキレイにしてほしいスポットはどこなのでしょうか?回答数が多い場所をピックアップしてみました。

・キッチンのレンジフード…13.9%
・トイレ・風呂などの水まわりや排水溝…5.0%
・エアコン…4.4%
・ガス・レンジまわり…3.6%

やはり自分では難しい部分が多い結果となりました。回答がもっとも多かったのはレンジフード。内部ではほこりと油汚れが一緒になって固まり、頑固にこびりついてる場合も多いため、自分でベトベトするフードを外して洗浄するのは相当ハード!汚れを落とすだけではなく、汚れが飛び散らないような工夫も必要で、掃除のハードルが最も高いものといえます。

自分では手が届かないところや、火元で汚れが焼き付いてしまったようなところなどにも票が集まりました。このように業者でないと汚れを落とせないようなスポットこそ、プロの手を借りるメリットが大きくなります。

上手に利用すれば、目に見えないメリットも

ハウスクリーニングの料金は千差万別。人数や時間、掃除の難易度によっても異なります。

ただし、金額だけに絞って業者を選ぶのがベストな方法とはいえません。価格が安くても手際が悪ければ、作業に時間がかかってしまいます。逆にいえば、少々高くても効率的に作業ができれば、短時間で終了するはず。また、庭掃除や草むしりは自分でもできる作業ですが、腰痛になったり、真夏の炎天下だと熱中症のリスクもあります。ハウスクリーニングによって目に見えないメリットがどれだけあるのかを総合的に考えると、コストが掛かっても結果的に満足度が高くなるでしょう。

自分の手で自分の家を磨き上げるのは、ある意味楽しい作業ですが、たまにはプロの手を借りてハウスクリーニングをすると家も気分もよりすっきり!家のメンテナンスにもなります。少し値段は張りますが、自分で作業をする手間を省いたり、清潔で快適な空間を保つのに必要な出費だと思えば納得できます。磨き上げられた我が家をみて、プロのクリーニングテクニックに感動すらおぼえるかもしれません。


【調査概要】
方法:NEWSY調べ(インターネット調査)
調査期間:2016年2月25日~2016年3月2日
対象:全国の共働き夫婦 計136名

ハウスクリーニングのカテゴリ

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

ほかのエリアで探す

北海道

東北

甲信越・北陸

中国

九州・沖縄

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧