「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2016/06/22 (水)

主婦の口癖は「家事って面倒」。でも「お金を払うくらいなら自分でやる」がホンネ!

「家事が面倒!」が主婦の口癖。でもお金を出せば家事を代わってもらえるならどうするでしょうか?実は大半の人が「家事にお金を払うなんてとんでもない!」と思っています。もちろん経済的な理由もありますが、家事をやるのは自分の役目と感じているようです。

愚痴るならお金を払って家事を依頼すれば?なんてとても言えません!

主婦が数人集まるとこんな話題になりがちです。
「あー、掃除とか洗濯とか疲れるよね、いくらやっても片付かないし」
「すごくわかる!それに一生懸命ご飯を作っても、だれもおいしいって言わないし…」
「家事を誰かに代わってもらえるなら、一度くらいはお願いしてみたいよね」

ついついこんな愚痴をこぼしがちですが、お金を払えば家事を代わってもらえるとしたら、実際に主婦はどう思うのでしょうか?

そこで主婦の皆さんに質問したところ、こんなアンケート結果となりました。

【お金を払えば1日主婦業を代わってもらえるとしたら、いくら払いたいと思いますか?】
1000円未満 16.6%
1000円~1万円未満 12.4%
1万円~3万円未満 3.4%
3万円以上 2.1%
払えない 12.4%
払わない(代わってもらわなくて良い)53.1%

毎日ありとあらゆる家事をこなしている主婦の皆さんですが、その6割以上がお金を出してまで家事をしてほしいとは思っていないのです。

「家事にお金を払う?それって損な気分かも…」多くの主婦はそう思っている!?

前述した通り、家計を預かる主婦の多くがお金にシビアです。なので「自分でできる家事にお金を出すなんてもってのほか」「家計にそんな余裕はない」…そう考えている人がほとんどなのかもしれません。

でもなかにはお金を出しても家事を代わってほしいと思う人もチラホラと…。具体的にはどんなことを代わってもらいたいかと尋ねてみたところ、こんな回答が目立ちました。

「お風呂の掃除、窓ふき」(38歳/女性)
「水回りの掃除や家のまわり(外回り)」(50歳/女性)
「普段できないところの掃除」(32歳/女性)
「料理全般」(48歳/女性)

「そんな家事なら自分でできるんじゃない?」と思う人もいるかもしれません。それでも「代わってもらえるなら、お金を出してもお願いしてみたい」と考える人にはどんな事情があるのでしょうか?

お金に比較的余裕があったり、どうしても苦手な家事があったり…。そんな人たちにとって、とても助かる存在なのが「家事代行サービス」

少数派である「家事にお金を出してもいい」と考える人たちには、それぞれの理由があるようです。

実は筆者自身も主婦なのですが、同じように主婦である友人たちに「家事代行サービスについてどう思う?」と尋ねてみたところ

「お金には余裕があるから、自分の時間をもっと作りたい」(42歳/女性)
「潔癖症だから、とにかく掃除が苦手」(41歳/女性)
「料理下手なのが悩み…代わってもらえるならぜひお願いしたい」(39歳/女性)

といった具体的な意見を聞くことができました。

また、日頃がんばっている自分へのちょっとしたご褒美として「家事をやることがつらい時には、お金を出してもいい」と考える人もいるのではないでしょうか。

家事は私の役目!愚痴るのはその大変さをわかってほしいから

しかし、大半の人はそうではないようです。家族のため、家計のため、そして自分のために、毎日家事を頑張っています。その頑張りをだれかに「評価してほしい」、ママ友同士で「つらさを分かち合いたい」と思うから、ついつい「家事って面倒!」と愚痴ってしまうこともあります。

主婦の皆さんの多くが「自分の役目は家事を通じて家族を守ること」だと考えていますよね。そのホンネは「無理して家事にお金を払わなくてもいい。愚痴を聞いてもらえればそれだけで満足」な時もあるでしょう。さらに「自分がどれだけ大変な思いをしているか、だれかがわかってくれれば幸せ」…もしかしたら、これが深層心理にあるのかもしれません。

【調査概要】
方法:NEWSY調べ(インターネット調査)
調査期間:2016年2月25日~2016年3月2日
対象:全国の主婦 計145名

家事代行のカテゴリ

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

ほかのエリアで探す

北海道

東北

甲信越・北陸

中国

九州・沖縄

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧