「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2016/06/29 (水)

自分では掃除できないアレやコレ。でもお金を出すのは…。じゃあずっと汚いままでいいの?

http://www.paylessimages.jp/detailrf.php?id=rf43169130

プロに掃除をしてほしい場所といえば、換気扇やエアコンが思いつきますがお金を払ってまで掃除を依頼するのはなかなか決断できないもの。しかし換気扇やエアコンが汚いままだと不衛生に…。自分では掃除が無理そうな場所は、プロに依頼するのが最善といえます。 

あそこもそこも汚くて気になる。プロに頼めば楽なのだけど…

なかなか掃除が行き届かない場所、自分ではきれいに掃除できない場所、掃除するのが面倒な場所…皆さんにもそんなお掃除のお悩みはありませんか?
そこで「プロに頼めば楽かな…?」と頭に思い浮かんでも、「いくらで掃除してもらえるんだろう?」と金額面がネックになって、依頼するのをちゅうちょしてしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。

では実際に、どのくらいの人たちがプロに掃除を依頼してみたいと考えているのでしょうか?
時間は取りにくいけれど比較的家計には余裕があると思われる、共働き夫婦の皆さんに、掃除をプロに依頼することについてアンケートをとってみました。

【「ココだけはプロの手を借りて掃除をしたい」という場所はありますか?】
ある 49.2%
ない 50.8%

共働きでもプロに掃除を依頼したい人は全体のほぼ半数という結果でした。やはりネックになるのは「金銭面」なのかもしれません。

あそこは自分じゃ絶対掃除できない!その理由は?

では、プロに掃除を依頼したいと答えた人は、どんな場所の掃除を依頼したいと考えているのでしょうか?
この回答を見ると「う~ん、わかる!」と思わずうなずいてしまうはずです。

「台所の換気扇」(46歳/女性/総務・人事)
「洗濯機の中」(35歳/女性/総務・人事)
「お風呂場の湯船のふたを外した裏側」(31歳/男性/その他)
「家の外壁」(42歳/男性/総務・人事)
「エアコン」(59歳/男性/公務員)

http://www.paylessimages.jp/detail_gf1770702863.html

皆さん「自分では手が行き届かない場所」や「掃除の際に分解する必要がある場所」など、素人ではなかなか手に負えない場所を掃除してほしいと感じているようですね。

回答のなかで特に多かったのが「エアコン」と「換気扇」です。どちらも機械ですから、ネジで部品を外して洗浄し、また元通りに部品を戻す必要があります。
これを素人が無理に行うと最悪の場合は故障させてしまったり、けがすることもあるかもしれません。
また、換気扇やエアコンのしつこい汚れを自分だけできれいにするのはなかなか大変なこと。業務用の洗剤やプロの手技で掃除してもらったほうが安心です。

自分では無理な場所。だけどきれいにしておきたい場所。ここを掃除してほしいと思うのは皆さん共通の思いのようです。

家族の健康を考えると、プロの手を借りるのが◎

「プロに掃除を頼むのはいいけど、料金が気になる…」確かに、掃除にお金を払うのはなんとなくもったいない気がしてしまうかもしれません。

でも、よく考えてみると、プロに依頼しないと掃除できない場所のほとんどが「生活の衛生面」にとても大きく関わっています。

例えば、キッチンの換気扇が汚れていると、しっかり換気ができずに部屋に排気がこもってしまいます。また、エアコンを掃除しないとどんどんカビが繁殖し、エアコンを運転させるたびに室内にカビの胞子が飛び散ります。お風呂の天井や壁の上の方を放置しておくと、カビがあっという間に繁殖し、自分だけだとなかなか手がつけられない状態に…。

http://www.paylessimages.jp/detail_gf2160241664.html

掃除しにくい場所を放置することで、目に見えない雑菌やカビが家の中にどんどん広がっていくという現実。アレルギー症状を起こしたり、ぜん息のような症状が出たりすることも考えられます。特に小さなお子さんがいるご家庭では注意が必要です。

ご自分や家族の健康面を考えてみると、意外と簡単に答えが出るかもしれません。

【調査概要】
方法:NEWSY調べ(インターネット調査)
調査期間:2016年2月25日~2016年3月2日
対象:全国の共働き夫婦 計136名

ハウスクリーニングのカテゴリ

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

ほかのエリアで探す

北海道

東北

甲信越・北陸

中国

九州・沖縄

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧