「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2016/07/13 (水)

洗濯表示マークのデザイン一新! 2016年12月、洗濯マークが変わります

取材・文/鈴木博子

画像:PIXTA

衣類の取り扱い方法を示す、洗濯表示。洗濯機やアイロンの絵柄はおなじみのマークですよね。この洗濯表示マークが、2016年12月1日以降リニューアルされます。デザインも一新され、記号の種類も大きく増えることになりました。

なぜ、マークを変更するの?

もともと、洗濯表示マークは日本工業規格(JIS)によって定められたもの。クリーニングの業者などは、これを守って衣類を取り扱わなければなりません。
しかし、最近では海外製の衣類が日本で流通したり、日本製の衣類が外国で出回ったりすることも多くなっています。実は、海外と日本では洗濯表示マークのルールが異なるため、洗濯時に混乱を招くことも増えていました。
そこで、経済産業省は新JISのルールのもと、新しい取り扱い表示を制定。国内外で表示を統一することで、消費者の利便性を高めることを目的としています。新しいマークは、2016年12月1日から使用されます。

新しいマークはどこがどう変わるの?

新しいマークの特徴は、まず、数が増えたこと。これまで記号の種類は22でしたが、これからは41になります。
さらに、記号のデザインが変更され、そこに付加記号や数字が加わることで、より詳細な情報をお知らせできるようになりました。

新しいマークは、“5つの基本記号”と“付加記号や数字”の組み合わせで示されます。

5つのポイントを押さえよう

新しい表示マークに慣れないうちは混乱するかもしれません。そんなときに、まず押さえておきたい基本的なポイントをご紹介します。

【1】洗うとき
“たらいマークの下線が多ければ多いほど、強度を弱くして洗いましょう”
上で示したとおり、付加記号の横棒は強度を示すもの。水槽マークの下に下線があれば、「弱めにお洗濯」と覚えましょう。

【2】干すとき
“四角の中の棒線は衣類の向き。縦棒なら吊って、横棒なら寝かせて干しましょう”
自然乾燥の方法は、四角と棒線の組み合わせで表示し、棒線は衣類の向きを示します。また、棒線が2本のときは脱水せず、濡れたまま干すという意味。さらに、四角の中に斜線があれば日陰で干すことを意味します。

【3】乾燥させるとき
“タンブル乾燥機のマークは四角の中に丸。中の点(・)が2つなら高温OK”
これまでの洗濯表示には、乾燥機のマークはありませんでしたが、海外製の衣類ではこの四角と丸を組み合わせたマークをよく見かけます。これは、タンブル乾燥機を表すマーク。バツが付いていたら、乾燥機は使用不可です。ちなみに、タンブルとは「回転」の意味。タンブル乾燥機は、熱風とともに衣類を回転させて乾かします。

【4】アイロンをかけるとき
“アイロン記号内の点(・)はアイロン温度の上限。増えれば増えるほど、高温OK”
点の数が1つなら従来の「低」、2つなら「中」、3つなら「高」に相当します。
また、これまで波線で表されていた「当て布使用マーク」は廃止され、「当て布使用」と表記されることになりました。

【5】クリーニングに出すとき
“ドライかウエットか、クリーニングの手法を確認。ドライでも溶剤によってマークが違います”
これまでは、ドライクリニーングの表示しかありませんでしたが、新しく「W(ウエットクリーニング)」の表示が追加。ウエットクリーニングとは、クリーニング店による“プロの水洗い”のことです。
また、ドライでも溶剤の違いによってマークが分かれています。クリーニング店で確認してくれると思いますが、念のため、チェックしておきましょう。


見慣れないマークがたくさんあり、「覚えるのが難しそう!」と思うかもしれませんが、まずは基本記号を覚えてしまえば、あとは簡単! 基本記号に追加された付加記号と数字で内容を理解することができます。
マークが変更されるのは、2016年12月1日から店頭に並ぶ衣類。それまでに、マークの一覧を眺めるなどしてマークに見慣れておけば、スムーズに頭を切り替えることができるかもしれませんね。

参考:
経済産業省、消費者庁発行 衣類の新しい「取扱い表示」で上手な洗濯!
http://www.meti.go.jp/policy/economy/hyojun/kijyun/sentakupanf.pdf
消費者庁 新しい洗濯表示のページ
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/household_goods/laundry_symbols.html
内閣府政府広報
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg13746.html

取材・文/鈴木博子

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧