「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2016/08/17 (水)

そのせき、もしかしてハウスダストが原因かも?ハウスダストを撃退する7つの方法

画像:gettyimages
なかなか治まらないせきや鼻水といった、まるで花粉症のような症状がずっと続いているという人、もしかするとその原因は、花粉ではなくハウスダストかもしれません。ハウスダストとは、衣類や繊維のクズ、ダニの死骸やフン、ペットの毛などといった家の中にあるチリやほこりのようなものと一般的には認識されています。ハウスダストは、体内に取り込まれることでアレルギー症状を引き起こしたり、アトピー性皮膚炎やぜんそくなどの原因となる物質で、これによってせきが治まらなかったり肌がかゆくなったりといった症状が出るのです。特に、室内にじゅうたんを敷いている、ペットを飼っている、湿気が多く結露が発生する、エアコンのフィルター掃除をめったにしないというお宅は、ハウスダストがたまりやすいので要注意。そこでハウスダストを撃退する方法を紹介していきましょう。

1.小まめに掃除をする

普段の掃除頻度とハウスダストの量には密接な関係性があるといわれています。つまり掃除の頻度が高いほどハウスダストの原因となるダニの数が少なく、掃除の頻度が低いとダニの数が多い傾向にあることが分かっています。時間がある人はぜひ、毎日小まめに掃除をしてください。

2.初めにモップで拭き掃除をしてから掃除機をかける

いきなり掃除機をかけようとすると、掃除機の排気で、これまで床にたまっていたハウスダストを、空中に舞い上げてしまうことになります。そこで、まずは床にたまったハウスダストを拭き取ることから始めましょう。拭き掃除が完了したら、ここからが掃除機の出番です。最も効率よくハウスダストを取り除くには、1㎡当たりにつき約30秒間を目安に、ゆっくりと掃除機を動かすのがいいといわれています。

3.空気清浄機の活用

ハウスダストは目に見えないだけで室内に漂っています。つまり、そうしたハウスダストは、掃除機がけや拭き掃除だけでは取り除くことが難しいといえるでしょう。そんなときに役立つのが空気清浄機です。空気清浄機を作動させることによって空中のハウスダストを取り除き、呼吸によって体内へと取り込まれてしまうハウスダストを減らすことができます。

4.布団や毛布は天気の良い日に天日干し、週1度のペースで掃除機をかける

布団や毛布といった寝具類はハウスダストの温床です。特に湿度の高い時期はダニやカビなどが多く発生してしまいます。天気がよい日は天日干しを行い、寝具の湿気を取り除くようにしましょう。布団たたきではハウスダストは取れないので、週に1度は掃除機を使ってハウスダストを吸い取るのが理想です。ただし、花粉症の人は布団を天日干しするのは控えて、布団乾燥機や布団クリーナーを使うほうがよいでしょう。

5.防ダニ布団・防ダニカバーを使用する

布団やカバー類を防ダニのものに変えるのもハウスダスト対策になります。防ダニ布団や防ダニカバー類には、非常に細かい合成繊維を密に織り上げた布地が使われています。布団の中のハウスダストがカバーを通過できないので、ハウスダストが空気中に舞い上がるのを抑えます。なかなか天日干しや掃除機がけができない場合は、ぜひ導入してみてください。

6.布製ソファ・カーペット・畳は避け、フローリングにする

ハウスダストの主な発生源は布製品なので、布製ソファやカーペットは避けたほうがよいでしょう。また、畳の目にもほこりやハウスダストがたまりやすくなっています。カーペットは敷かず、ソファは革製や人工皮革のものを選ぶと、ハウスダストが表面に出てこないので吸い込むリスクを軽減できます。ただし、フローリングにしたとしてもハウスダストを完全に除去することはできません。フローリングはその表面が平坦でツルツルとしていることから、布製ソファやカーペットのようにハウスダストが吸着しにくく、一度床に落ちたハウスダストでも人やものが動く度に再び舞い上がるので、拭き掃除を小まめにするといった対策は必要です。

7.部屋を適切な温度と湿度に保つ

カビやダニといったハウスダストは、部屋の温度や湿度を調整することで除去できます。
ダニが繁殖するのに好条件な温度は25~30℃、湿度は60~80%です。
一方のカビは湿度が70%を超えると発生し始めます。ダニはカビ、フケや人間の皮膚をエサにして繁殖するため湿度を60%以下にキープすることでダニのエサとなるカビを予防しましょう。また、冬場は壁や窓に結露が生じることによってカビが発生します。結露を発生させないためにも室内外の温度差を少なくし、除湿を行って結露対策を行いましょう。

以上の撃退方法を取り入れて、ハウスダストになるべく触れない生活を送れるように気を付けてみてください。また、徹底的にハウスダストを撃退したい場合は、プロのハウスクリーニング業者にお部屋をきれいにしてもらう方法もおすすめです。

画像:gettyimages

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧