「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2016/09/01 (木)

簡単なのにキレイをキープ!水筒の正しい洗い方

取材・文/丸田カヨコ

写真:PIXTA

お子さんはもちろん、大人も“マイボトル”として水筒を持ち歩くことが多い近ごろ。よく使うものだけど、ちょっと洗いにくいし、ちゃんと洗えているか心配……という方もいるのでは?そこで、家庭にあるものでできる「水筒の正しい洗い方」について、家事セラピストのこま ともこさんに聞いてみました。

お酢?卵の殻?実は“重曹&ぬるま湯”が一番オススメ!

水筒を洗うのに使えそうなものというと、お酢や卵の殻などが思い浮かびますが、実は、こまさんのオススメは“重曹”。

「お酢は電気ポットの水アカ汚れのような、カチカチに固まった汚れを落とすにはいいんですよね。市販の電気ポット用洗剤も、主成分は酢と同じクエン酸です。でも、毎日使っている水筒の汚れは、茶渋や出来はじめのカビ等、まだ柔らかい汚れ。優しい研磨作用のある重曹が効果的です。卵の殻も昔からよくいわれますが、重曹なら卵の殻よりもずっと粒が細かいので、まんべんなくキレイになりますよ」

そして、洗い方自体もとても簡単!
「うちでは40~45℃のお湯で作った重曹水(100ccに対して重曹小さじ1)を水筒に3分の1~半分くらい入れ、シャカシャカ振ってそのまま一晩置いておきます。そうすると内側に付いた汚れが柔らかくなるので、水ですすいで、落とし切れない汚れを軽くスポンジなどで洗うだけで済みます」

重曹には消臭効果もあるので、使い込んだ水筒でよくある独特のにおいも気にならなくなるそうです!

水筒の中を傷つける洗い方は避けて

水筒を洗うときに気をつけたいのは、なんといっても中を清潔に保つこと。そのためにも「傷のつく洗い方や、水筒自体を傷める洗い方は避けてくださいね」と、こまさん。

「特にプラスチック製の水筒などは、硬い素材で洗うとすぐに傷がついてしまいます。傷があるとそこに雑菌が付きやすくなるので、柔らかい素材で優しく洗ってあげましょう」

柔らかい素材の中でも、こまさんのオススメはセルローススポンジ。
「セルローススポンジは、天然繊維でつくられています。吸水性の良いクロスとして使えるのはご存じの方も多いと思うのですが、うちでは食器拭きとして使った後のセルローススポンジを、水筒をはじめとした食器洗いに使っています。植物由来のものですから安心ですし、すごく柔らかいので、傷をつけずに洗えます。また、スポンジが水筒の凹凸にもフィットするので、すみずみまでキレイにできますよ」
ちなみに、食器洗いでボロボロになってしまったセルローススポンジは、捨てる前にシンクなど水まわりのお掃除に利用して、最後まで使いつくすのだそうです!

殺菌消毒もまめにしたいところですが、「強い洗剤に長時間つけ置きするとやはり水筒自体を傷めやすいので、つけ置き時間などには気をつけてください」とのこと。
お子さんが毎日持ち歩くなど、洗う頻度が高い水筒は、あらかじめ傷のつきにくい丈夫なものを選んでおくのがよさそうです。

最後に、オフシーズンなど水筒を長期間使わないときの保管方法も教えていただきました。
「私は完全に中まで乾かしておきたいので、フタを開けたまま保管して、使い始める前にもう1回さっと洗うようにしています。少しでも湿気が残っていると、中でカビが生えてしまったりします」
もちろん、もう1回洗うときもお湯で作った重曹水が活躍するそう。

正しい水筒の洗い方といっても、こんなに簡単ならお子さんのお手伝いにもピッタリ。ぜひ今日から、お家で実践してみてくださいね!

<プロフィール>

こま ともこ
一般社団法人家事塾認定 1級家事セラピスト
掃除・片付け講座講師、コラム執筆やラジオ出演など、幅広く活動。
自身が掃除嫌い・片付けが苦手だった経験から、面倒くさがりでも無理なく続けやすい、掃除・片付けの方法を伝えている。

取材・文/丸田カヨコ

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧