「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2016/09/14 (水)

雨の日続きでたまった洗濯物もスッキリ!便利な洗濯代行サービス

取材・文/鈴木博子
台風シーズンが到来すると雨の日が続き、「洗濯物が干せない!」という悩みを抱える人も多いのでは?
洗濯物がたまるとにおいも気になりますし、「洗濯物を干せるのはいつ!?」と、天気予報とにらめっこする人もいるでしょう。

そんなときに便利なのが、“洗濯代行サービス”!雨の日が続く台風シーズンの、強い味方です。

今回は、雨続きの時期にぜひ活用したい洗濯代行サービスについてご紹介します。思った以上に便利なサービスは、目からウロコかもしれませんよ!

雨が続いたら「部屋干し」をする人が60%以上

まずは、「雨の日が続いて洗濯物が干せないとき、どのように対処していますか」とアンケートを取ってみました。

結果をみると、第1位は「部屋干しする」と答えた人がダントツで多いことが分かりました。たしかに、「洗濯物が干せない!」とイライラしながら晴れの日を待つよりも、部屋の中でも干したほうが、洗濯物が片付いていいのかもしれません。ただし、気になるのが部屋干しのにおい。また、室内の湿度が上がるのも悩みどころでしょう。

次に多かったのが、「晴れるまで待つ」という回答。ただ、2~3日なら待てるかもしれませんが、1週間も雨の日が続くと、着るものがなくなってしまう、ということもあるかもしれませんね。

それから、「洗濯機の乾燥機能」「浴室乾燥機能」「コインランドリー」を利用すると答えた人が続きました。

洗濯から畳むところまで。完璧にこなしてくれる「洗濯代行サービス」

いま、話題になっているのが「洗濯代行サービス」。文字通り、日ごろの洗濯作業を代行してくれるサービスです。

おしゃれ着やスーツ、コートなどはクリーニングに出すものの定番。それ以外は通常、自宅で洗濯をしますよね。
でも、あまりにたくさんの洗濯ものがたまってしまったときや、洗濯をする時間が取れないほど忙しいときなど、洗濯が面倒に感じることはありませんか?または、「洗濯機が壊れた!」など、急なピンチもあるでしょう。
そんなときに活用したいのが、洗濯代行サービス。預かった洗濯物をきれいに洗って乾燥させ、きちんと畳むところまで代行してくれるサービスです。

洗濯代行サービスを行う会社は、たくさんあります。
集荷方法は店舗によって異なり、自分で店舗へ持ち込むだけでなく、集荷作業を行っているところもありますから、「わざわざ洗濯物を持っていくのが面倒」という人でも安心ですね。
また、「専用バッグにめいっぱい詰めて、定額●●円」というシステムを採用している店舗もあり、「山ほど洗濯物がたまってしまったけれど、料金が気になる」という人には助かります。さらに、店舗へ持ち込む場合は、当日の仕上がりが可能というところも。「雨が続いて、明日着る洋服がない!」というときなどに、頼もしい味方になりそうですね。

色落ちや熱縮みの可能性がある物はNG

現在、洗濯代行サービスに対する関心はますます高まりつつあり、利用者も急増中。特に、利用者が多いのは、仕事が忙しい共働き夫婦や育児中の家庭、単身赴任の男性など。
また、旅行から帰ってきた後、たくさんの洗濯物が出てしまった場合に利用する人も多いそうです。

気をつけたいのは、クリーニングと違って、アイロンがけやのり付け、シミ抜きなどはしてもらえない場合もあるということ。
それから、色落ちする可能性のある物や乾燥機で縮む可能性のある物、ドライクリーニング表示のある物は受け付けてもらえません。また、店舗によっては下着を受け付けてくれないところもあるので、お願いしたい場合は事前に確認をしたほうがいいでしょう。

洗い終わった洗濯物を配送してもらう場合、エリアによって送料が異なったり、受け取りまでの日数が変わったりすることも。まずは、どんな洗濯代行サービスがあるかを調べて、サービス内容を比較検討するのがおすすめ。代行サービスを賢く利用し、雨が続く憂うつな時期を乗り切りましょう!


●[家事に関するアンケート]より
・調査期間:2016年8月10日(水)~2016年8月14日(日)
・調査方法:インターネット調査
・対象:20代~40代、男女
・有効回答数:224

取材・文/鈴木博子

家事代行のカテゴリ

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

ほかのエリアで探す

北海道

東北

甲信越・北陸

中国

九州・沖縄

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧