「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2016/10/05 (水)

とにかく効率化したい人に教えたい掃除・洗濯のコツ!

画像:gettyimages
日々の掃除や洗濯は意外と時間がかかってしまうものです。「毎日掃除に追われて時間がない!」「もっと効率的に掃除や洗濯をしたい!」。そんなふうに思っている方に、掃除や洗濯の時短・効率化の裏ワザやコツを紹介します。

少しでも楽に掃除や洗濯をするためのメソッド

掃除や洗濯を少しでも楽に済ませたいというのは、仕事や家事、子育てなど、日々の生活に追われるすべての人に当てはまる願いではないでしょうか。ここでは、より効率的に掃除や洗濯をするためのメソッドを紹介します。

洗面所とお風呂場の掃除
洗面所やお風呂場は全体を掃除しようとするとかなりの時間がかかってしまいます。そのため、普段はつけ置きや短時間で終わる部分を中心に掃除をするとよいでしょう。

・浴室の鏡
すぐに曇ってしまう鏡は重曹で鏡の表面を優しく磨くのが一般的です。しかし、しつこい曇りには効果を発揮しないこともあります。そのようなときは、車のフロントガラスに使用する油膜取り剤を使用してみましょう。これなら、入浴後にシャワーで水をかけるだけでピカピカになり、掃除の手間も省けます。

・シャワーヘッド
普段はあまり気にとめることはないかもしれませんが、意外と汚れがたまっているのがシャワーヘッドです。シャワーヘッドが詰まってしまったときは、同量の酢と水を混ぜ、その中に一晩つけておけば掃除完了です。磨いたり擦ったりせず、放置しておけばきれいになるため、忙しい人でも楽に効率よく掃除ができます。

・洗面所の汚れ
洗面所の汚れは、練り歯磨きが最適です。練り歯磨きに含まれる研磨剤により、軽い水アカや汚れならきれいに落とすことができます。夜、歯磨きを終えたあとに、そのままスポンジに練り歯磨きを出して優しく擦るだけで洗面台や蛇口の汚れが取れてピカピカになります。


洗濯
日々の掃除に加えて、毎日の洗濯も意外と時間がかかるものです。洗濯を効率よく行って時間を短縮することで、他の家事に回す時間を増やすことができます。しかし、いつもより汚れのひどい衣類をきれいにしたいときは、洗剤を多めにして洗いの時間を長めに設定することで、洗濯にかかる時間がさらに延びてしまうこともあるのではないでしょうか。より効率よく洗濯を行うには、3つのポイントが大切になります。

・洗濯機に衣類を入れ過ぎない
洗濯物は洗濯機の中で大きく回転することにより汚れが落ちます。そのため、洗濯物を入れ過ぎると、衣類がうまく回転せずに汚れが落ちにくくなってしまいます。洗濯機に入れる洗濯物は7割程度にとどめましょう。

・洗剤の量を守る
洗剤は適量を使えば汚れが落ちるようにつくられているため、多く入れ過ぎないようにしましょう。また、柔軟剤を多く入れ過ぎてしまうと、吸水性が低下してしまうこともあるため、やはり適量を使用しましょう。反対に、洗剤が少な過ぎると、汚れやにおいが残ってしまう可能性があります。

・洗い過ぎない
汚れを落とそうと、洗濯物を洗い過ぎてしまうと、衣類を傷める原因になります。10分以上洗い続けた場合、衣類から出た汚れが水に流れ出て、再び衣類に付いてしまうこともあるようです。さらに、洗濯機で5分以上洗いを続けても、汚れの落ち方には変化がないという研究結果も出ています。そのため、洗いにかける時間を長くするのではなく、洗濯機に入れる前に部分的に漂白剤を付ける、20度から40度のお湯で洗濯をするなどの工夫をすることで、短時間でしっかりと汚れを落とすことができます。

これら3つのポイントに加え、シーツやバスタオル、Tシャツやフェイスタオル、ハンカチや下着と、重いものから順に洗濯機に入れることで、洗剤が全体に行きわたるため、洗濯機の中で洗濯物がよく回転して汚れが落ちやすくなります。

日々のお手入れで掃除をより効率的にするコツ

掃除が面倒に感じてしまうのは、一回ですべてをきれいにしようとしてしまうからです。日々のお手入れを習慣化することで、トータルの掃除時間を短縮することができ、効率的に家をきれいに保つことができるでしょう。ここでは、すぐに取り入れやすい日々のお手入れ方法を紹介します。

フローリングは洗剤なしでもピカピカに
家中のフローリングを一遍にピカピカにしようと思ったら、1日がかりで掃除をしなければなりません。とはいえ、フローリングが曇ったままなのも嫌ですよね。そんなときは、マイクロファイバークロスやスターファイバーミラクルクロスを水にぬらして固く絞り、フローリングを拭きましょう。洗剤を使うことなく床をきれいにすることができます。部屋を分けて行えば
毎日の掃除も効率よくできるでしょう。

浴室のカビ対策
カビが発生する三大条件として、湿度・温度・栄養源が挙げられます。つまり、温度や湿度が高く、老廃物やせっけんカスといったカビの栄養源が多い浴室は、家の中で最もカビが発生しやすい場所だといえます。
一度カビが発生すると、その根を完全に除去するのはそうたやすいことではありません。だからこそ、日ごろから浴室を清潔に保つことがカビ対策となり、結果的に浴室掃除の手間を省くことにつながるのです。

(浴室のカビ対策方法)
・浴室を使い終わったら、必ずお湯を抜く
・壁や天井、蛇口などにせっけんやシャンプーの泡が付いていないかを確かめる
・浴室の温度を低くするため、最後に水のシャワーをかける
・シャワーのあとは換気扇をつける

洗濯機のカビ対策
洗濯機もカビが発生しやすい場所として注意が必要です。洗濯機を使い終えたら、ふたに付いたゴムパッキンと、洗濯機の入れ口に付いたゴムパッキンの水気を取ります。その後、洗濯機の中に湿気がたまらないよう、ふたを開けたままにしておきましょう。

軍手で家具のほこり取り
食器棚やクロゼットなどの高さのある家具や、小物がたくさん置かれている棚の上など、ほこりがたまっていても雑巾では上手く取りきれない場所の掃除には、軍手を雑巾代わりに使ってみるのがよいでしょう。
軍手をはめた手で拭くだけで、下から見えにくい高いところや細かな場所も、簡単に拭くことができます。軍手に付いたほこりは、掃除機で吸い取れば何度でも使用可能です。
新品の軍手は繊維にほこりが絡みにくいため、1度洗った軍手を使用しましょう。

電化製品の黒ずみは消しゴムで
人の手アカや静電気によるほこりなどで黒ずんだ電化製品の汚れをサッと落とすには、消しゴムを使いましょう。ノートに書いた字を消すのと同じように、汚れた部分を軽く擦ると黒ずみが取れます。
ただし、日焼けの茶色い汚れには、消しゴムでは効果がないので注意してください。


効率的に掃除や洗濯を行うことで、きっと時間と心に余裕が出てくるはずです。今回紹介した掃除や洗濯のコツのほとんどが、家にあるものを利用したり、ちょっとしたことに気を付けたりするだけでできるものです。ぜひ毎日の生活に取り入れてみてください。それでも時間に余裕がない場合は、家事代行サービスを利用する方法もあります。掃除や洗濯をはじめ、利用者に合ったさまざまな家事を代行してくれるので、興味がある人はぜひ検討してみてください。

画像:gettyimages

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧