「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2016/10/12 (水)

効率よく短期間ですませるには、“お掃除スケジュール”が肝心! 3日間で大掃除を仕上げるコツ

文/丸田カヨコ

写真:PIXTA

“早めにとりかかるのがいい”といわれる大掃除ですが、みなさんはどれくらいの日数をかけて掃除をしているのでしょうか?
そこで今回は「大掃除にかける日数」をアンケートしてみました。
またアンケートの結果を踏まえて「短い日数で、気持ちよく大掃除を仕上げるコツ」もご紹介します。

「大掃除は3日間以内にすませる」人が7割以上!

まず「大掃除は何日間かけて行っていますか?」と質問してみました。

最も多かったのが「2~3日」、続いて「1日」という結果になり、7割以上の人が3日以内に大掃除を終えていることが分かります。
確かに、土日や年末の休暇を利用するとなると、これ以上の日数をかけるのはなかなか難しいかもしれません。

家の広さにもよりますが、3日間で大掃除を仕上げるとなると、効率よくテキパキこなすことが肝心。上手にスケジュールを立て、予定通り実行するにはどうしたらよいのでしょうか?

効率を上げるスケジュールは“集中力のコントロール”がキモ!

写真:PIXTA

3日間で効率よく掃除するコツは“集中力”を踏まえたスケジューリング。
もちろん集中力を高めることも大切ですが、何時間も集中したままだと途中で息切れしてしまうことも。そこで、時には集中力をゆるめることも考えるなど、“集中力をコントロールする”意識でスケジュールをつくりましょう。

具体的には次の3つがポイントです。

■あらかじめ家の中をブロック分けする
「玄関」「キッチン」「水まわり」など、一度に掃除するブロックをあらかじめ分けておきましょう。

家中をダラダラ掃除していると、終わりが見えず集中力も途切れがちになってしまいます。
そこで、“1つのブロックを掃除し終えたら休憩して次のブロックへ”というルールをつくっておくと、1ブロック終えるごとに達成感も味わえますし、休憩でリフレッシュして集中力もより長く保てます。

■事前にスケジュールを立てておく
ブロック分けをしたら、掃除する順番やだいたいのタイムスケジュールを決めておきましょう。

行き当たりばったりだと休憩で予定以上にダラダラしてしまって集中力が途切れ、時間内に終わらせようという意識が薄くなってしまいます。もちろん、休憩もスケジュールに組み込んでおいてくださいね。

■必要な買い物はあらかじめすませておく
掃除道具や洗剤、新しい収納アイテムなど、必要なものは先に書き出して、買い物をすませておきましょう。

大掃除中に「道具・洗剤が足りない」「スペースができたから収納アイテムを」など、欲しいものや必要なものが次々に出てきて、結局掃除を中断して買い物へ……という経験はありませんか?
遠くの店まで行くのはもちろん、たとえ近くの店でも掃除を中断して買い物へ行くのは大幅な時間のロス。キープしてきた集中力も、せっかく立てたスケジュールも無駄になってしまいます。

買い忘れが心配なときは、掃除に差し支えないように買い物のタイミングを決めて、スケジュールに組み込んでしまいましょう。

家族でワイワイやる大掃除は楽しいイベントでもありますが、掃除できなかった場所を残してしまうと楽しさも台なし。
限られた時間で無理なくキレイにするには、スケジュールや買い物など事前の準備がモノをいいます。
早めの準備で、気持ちのいい大掃除を実行しましょう!


●[あなたご自身に関するアンケート]より
・調査期間:2016年9月16日(金)~2016年9月19日(月)
・調査方法:インターネット調査
・対象:25歳~45歳、子どものいる共働きの男女
・有効回答数:204

文/丸田カヨコ

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧