「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2016/12/14 (水)

おせち料理、買う派?作る派?おせちにかける予算はどれくらい?

文/丸田カヨコ
お正月といえばおせち料理。家族であれこれ作って新年の準備をするのも楽しいですし、デパートやスーパーでおせち料理を買ってきて、家でのんびり過ごすのもまたいいものですよね。そこで今回は「おせち料理」についてアンケートしてみました。

おせち料理を“全部・ほとんど作る”人は約1割!

アンケートで「おせち料理は買いますか?作りますか?」と質問したところ、回答は次のようになりました。

なんと、僅差ですが一番多かったのは「おせち料理は食べない」派。
旅行へ行ったり、イベントに参加したりと年末年始の過ごし方も多様化しているので、そういう人も多くなっているのかもしれませんね。

続いて多かったのが「買う(ほとんど買う)」派。
家族の人数が少ないと何品も作って全部食べるのは大変ですし、作る手間も省けてゆっくりお正月が過ごせるのかもしれませんね。

次は「買うものと作るものが半々」派。
買ってそろえる品もありつつ、お雑煮や煮物のような“わが家の味”だけは手作りで……ということでしょうか。さらに昔ながらの「作る(ほとんど作る)」派も12%いるということがわかりました。

おせち予算の第1位は“3000円以上~5000円未満”

続いて「おせち料理にかける予算」を聞いてみたところ、回答は次のようになりました。

最も多かったのは「3000円以上~5000円未満」。
おせち料理の素材は高級品が多いので、材料をそろえるだけでも結構かかりそうですね。

次に、「5000円以上~1万円未満」、「1万円以上~2万円未満」と続き、“3000円以上~2万円未満”で5割を超える結果に。買うにせよ、作るにせよ、このくらいの価格帯がボリュームゾーンといえそうです。

一方、「10万円以上」という高級志向の人も2.6%いることがわかりました。

栗きんとん、数の子、黒豆、伊達巻が人気!

アンケートの最後は、好きなおせち料理のメニュー、得意なおせち料理のメニューを教えてもらいました。
人気が高かったのは栗きんとん、数の子、黒豆、伊達巻など。

栗きんとんは「みんなでワイワイ裏ごしするのが楽しみです」(35歳/女性)という“作るのが好き”派もいれば、「大好きで家族みんなで取り合いになります」(32歳/女性)という“食べるのが好き”派も。
数の子は「高価なので年に一度」(37歳/男性)など、お正月だからこそ食べるという声が目立ちました。

「黒豆。母の作る黒豆はとてもおいしいから」(25歳/女性)、「母が作るニシンの煮物が好き」(43歳/男性)、「田作りが好きです。子どものときから好きでしたが、やはり自分の子どもも大好きです」(44歳/女性)、「京都出身なので、棒ダラを作るが、材料を手に入れるのになかなか手間がかかる」(31歳/男性)などなど、“わが家の味”派も多数。
ちなみに、「妻が初めて作るおせちがひそかに楽しみである」(34歳/男性)なんて、ほっこりする回答もありました。

ほかにも「筑前煮となますが好きで、これだけは毎年作っている」(30歳/女性)、「雑煮が大好きで必ず食べる」(30歳/男性)と、好きなメニューへの思いをぶつけてくださった人もいれば、「特にないですが、伊達巻は必須」(28歳/男性)と、伊達巻へのツンデレな愛情を見せてくださった人も。
やっぱりみなさんにとって、おせち料理はお正月の楽しみのひとつなんですね。

おせち料理を買うにせよ、作るにせよ、余裕をもってお正月を迎えるには、その前段階である大掃除を早めに済ませておくことが肝心。
大掃除にとりかかる際には、下記の記事も参考にしてみてくださいね。

大掃除はコツを押さえて簡単に!年末に慌てないために知っておきたいこと
効率よく短期間ですませるには、“お掃除スケジュール”が肝心! 3日間で大掃除を仕上げるコツ

●[あなたご自身に関するアンケート]より
・調査期間:2016年11月17日(木)~2016年11月24日(木)
・調査方法:インターネット調査
・対象:25歳~45歳
・有効回答数:216

文/丸田カヨコ

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧