「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2016/12/13 (火)

イルミもバッチリ?ツリーだけ?クリスマスの飾りつけ、どこまでやってる?

文/丸田カヨコ

写真:PIXTA

クリスマスの飾りつけは、全然しないのも寂しいけれど、家中に飾ってしまうと片付けも大変そうですよね。みなさんは、どこまで飾りつけているのでしょうか?そこで今回は「クリスマスの飾りつけ」についてアンケートしてみました。

家族で過ごすリビング・ダイニングが飾りつけ場所のトップ

アンケートで「クリスマスの飾りつけはどこまで行いますか?」と質問したところ、回答は次のようになりました。

最も多かったのが、家族で過ごす「リビング、ダイニングを飾りつける」という回答。ツリーやリースなどを飾るだけという回答も2位につけていますが、せっかくだったらリビング、ダイニング全体をクリスマスムードに……と考えるご家族は案外多いようです。
お子さんも楽しみにしているはずのクリスマスですが、子ども部屋を飾りつけるというご家族は比較的少ないこともわかりました。

クリスマスの飾りつけはやっぱり楽しい!

続いて「飾りつけの範囲を決めている理由や、飾りつけに関するエピソード」を聞いてみたところ、みなさんのいろいろなクリスマスの楽しみ方が見えてきました。

●子どもたちとの思い出づくり
「ツリーを飾る。サンタ宛の手紙をつるすため」(36歳/女性)
「毎年、クリスマスツリーと並んで写真を撮り、背が伸びたことを写真に残す。毎年、クリスマスらしくないヒーローやポケモンなどの小さな人形を子どもと飾る」(34歳/女性)

“毎年同じ場所で写真を撮って、成長の記録にする”方法は、最近よく話題になりますよね。クリスマスの思い出も、子どもたちの成長ぶりも同時に残せるなんてすてきです。

●自分や家族のために飾りつけたい!
「今は玄関のドアのリースくらいだが、子どもも大きくなったのでツリーに挑戦してみたい」(34歳/男性)
「家中クリスマスにしていて、家族だけではなく、友人も喜んでくれます」(25歳/女性)
「毎年、庭の飾りを人が見にくるから頑張りたくなる」(44歳/女性)
「リースやミニツリーなどは材料を買ってきて自分で作ってみた。自分で作った物には愛着がわき、毎年大事に飾っている」(44歳/女性)

ファミリーだとお子さんのためのイベントになりがちなクリスマスですが、実は大人も結構、飾りつけを楽しんでいるようです。

ちょっぴり切ない、クリスマスの飾りつけ

一方、クリスマスの飾りつけを楽しみながらも、ちょっぴり切ない思いをしている人も……。

●子どものためなんですけど……
「子どもがツリーを見て怖がった」(39歳/男性)、「子どもが興味を示して飾りつけを取ってしまうため、年々飾りつけが減っている」(30歳/男性)などなど、お子さんがクリスマスのことを理解できるまでは、ちょっぴり大変なことも多い様子。
「子どもが小さいので、手の届かない範囲で飾りつける」(34歳/女性)のが得策といえそうです。

●飾りつけたいけど……
「本当は家全体を飾りつけたいけど、そうするとすごい金額がかかるので小規模で」(27歳/女性)というご意見や、「飾りつけは楽しいけど、片付けが面倒になってしまう」(39歳/女性)というリアルなご意見も、確かによく分かります!

クリスマスが終わればあっという間に年末。そう、大掃除のシーズンです。
クリスマス気分に浸りすぎて大掃除が後手に回った、なんてことのないように、下記の大掃除の記事も参考にしてみてくださいね。


大掃除のスケジュールはどうやって立てればよい?その考え方を紹介します!

効率よく短期間ですませるには、“お掃除スケジュール”が肝心! 3日間で大掃除を仕上げるコツ

●[あなたご自身に関するアンケート]より
・調査期間:2016年11月17日(木)~2016年11月24日(木)
・調査方法:インターネット調査
・対象:25歳~45歳、
・有効回答数:216

文/丸田カヨコ

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧