「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2016/12/13 (火)

冬至のゆず湯、端午の節句の菖蒲湯……お風呂の行事はどうしてる?

文/丸田カヨコ
「お風呂大好き!」「温泉・銭湯大好き!」という方は多いですが、ゆず湯や菖蒲湯など、お風呂の行事を楽しんでいる人はどれくらいいるのでしょうか?そこで今回は「お風呂に関する行事」についてアンケートしてみました。

「ゆず湯・菖蒲湯」は比較的メジャー?

アンケートで「お風呂に関する行事や季節湯のうち、ご家庭のお風呂で行ったり、銭湯・温泉などで参加しているものを選んでください」と質問したところ、回答は次のようになりました。

「特に行わない」という人も多い中、行事実施派のなかで一番人気だったのは「ゆず湯(冬至)」。
冬至の日(12月22日ころ。年によって日が変わる)にゆずを浮かべたお風呂に入ると風邪をひかないといういわれがあるもので、寒い季節の行事ということもあり、みなさん比較的実施しやすいようです。

続いて、子どもの日に菖蒲の葉や根を入れたお風呂に入ると夏を元気に過ごせるという「菖蒲湯(端午の節句)」、正月二日に行われることが多い「初湯(年明け最初のお風呂)」が上位にランクインしました。

お風呂の行事には家族の思い出がいっぱい!

続いて「お風呂の行事に関するエピソード」と聞いてみたところ、ほっこりするエピソードがいっぱい出てきました。

「銭湯の日が近づくと、家族3人そろって銭湯に行きます。(当日は混んでいるので避ける)お風呂上がりにアイスを買って食べて、楽しい思い出になっています」(35歳/女性)。10月10日じゃなくても、ご家族だけの“銭湯の日”の思い出になりそうです。
「小さいころゆず湯に入っていたけど、すごく食べたくてしかたがなかった」(27歳/女性)なんてかわいい子ども時代のことを教えてくださった人も。

一方、ちょっぴり苦い経験もまたいい思い出になるもの。
「菖蒲湯をやったときに、菖蒲の葉がくさくて子どもがすごく嫌がったことがいい思い出」(30歳/男性)というお父さん、「親子で、ゆず湯に入り調子に乗ってゆずを絞りまくったら、肌がすごくヒリヒリしてしばらく痛かった。それからは絞りません」(44歳/女性)というお母さんも、今は「あんなことがあったね」と笑い話にしているのかもしれません。

ちなみに「子どものときに両親がやってくれていたので、自分も子どもにやってあげたい」(34歳/女性)と考えている人にはうれしい、「イベントがきっかけで息子はお風呂が好きになった」(34歳/男性)という声も。お風呂の行事は家族の楽しい思い出になるので、ぜひやってみてくださいね。

みんながやってみたい「○○湯」は?

さらに「やってみたい季節湯・変わり湯」を聞いてみました。

「ゆず以外の柑橘系の果実や、いろいろな天然の素材を使った風呂につかってみたい」(31歳/男性)、「本物のバラの花をたくさん浮かべてバラ風呂。一度でいいからしてみたい」(44歳/女性)、「ワイン風呂やトウガラシ風呂など、効果があるのかはわからないが体や肌によさそうな変わり湯」(27歳/男性)、「秋の露天風呂に紅葉を浮かべたい」(41歳/男性)というように、果実や花など自然素材を活かしたお風呂が人気の様子。
ちょっと贅沢な感じもまた、魅力的なのかもしれません。

こんなふうにお風呂の行事や変わり湯を楽しむなら、お風呂自体もピカピカにしておきたいもの。
下記のお風呂掃除の記事も参考にしてみてくださいね。


風呂場の頑固なカビやトイレの臭いを撃退! 家事代行スタッフが教える掃除の裏技


●[あなたご自身に関するアンケート]より
・調査期間:2016年11月17日(木)~2016年11月24日(木)
・調査方法:インターネット調査
・対象:25歳~45歳
・有効回答数:216

文/丸田カヨコ

ハウスクリーニングのカテゴリ

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

ほかのエリアで探す

北海道

東北

甲信越・北陸

中国

九州・沖縄

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧