「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2016/12/21 (水)

大掃除のための○○、家事のプロにマンツーマンで教わってみたい!

文/丸田カヨコ
なかなか大掃除がうまくいかずに困っているとき、もしも家事のプロに教えを請うことができるなら、何を教えてほしいでしょうか?できれば「何から何まで!」と言いたいところですが、今回は「ひとつだけ教えてもらえるなら……」ということで、「家事のプロに教わりたい大掃除のノウハウ」についてアンケートしてみました。

みんなが一番教わりたいのは「整理・収納法」

アンケートで「家事のプロに、次の中からひとつだけマンツーマンで教えてもらえるとしたら、何を教わりたいですか?」と質問したところ、回答は次のようになりました。

1位は3割以上の人が教わりたいと答えた「大掃除で役に立つ整理・収納法」。
整理・収納はしまう場所によってケースバイケースであることがほとんど。スペースを有効利用するアイデアなど、センスも問われるところです。
そのため、家事のプロから、自分の家にぴったりの整理・収納ワザを教えてほしいという人は多いようですね。

続いて多かったのが「大掃除で役に立つ掃除方法」。上位2つだけで6割を優に超える結果です。
せっかく家事のプロに教えてもらえるなら、実際に一緒に掃除してプロの技を覚えたい!という人も多いかもしれません。

あれもこれも家事のプロに聞いてみたい!

写真:PIXTA

続いて、教えてほしいことを具体的に聞いてみました。さて、みなさんが教わりたいこととは?

●収納の極意は……散らかさない?
「細かい雑貨などをうまく収納する方法を教えてもらいたいです」(29歳/女性)や、「見えていてもおしゃれな収納がしてみたい」(34歳/女性)など、女性ならではの収納のお悩みもありましたが、目立ったのは「収納が少ない家の整理整頓の仕方」(43歳/女性)など、限られたスペースを活かす方法。自己流ではなかなかうまくいかないことも多いようです。

すぐモノを散らかしてしまう人なのか、「持続可能な置き場所」(41歳/男性)という声もあれば、「そもそも散らかさない極意を教えてほしい」(34歳/女性)という要望も見られました。

●細かいことを挙げればキリがない
また、より具体的な要望もたくさん寄せられました。
「お風呂の鏡のしつこい水アカ汚れの取り方」(28歳/女性)からはじまって、「換気扇の掃除の仕方。バスタブの側面の掃除方法」(30歳/女性)、そして「お風呂場のドアのゴムパッキンに生えたカビの落とし方。キッチンのシンクの頑固な水アカの取り方。トイレの便器ふち裏の水アカの落とし方」(35歳/女性)……まさに「ありすぎて困ります」(41歳/男性)という人も、少なくないようです。

●確かにそれも教わりたい!
「断捨離の仕方」(37歳/男性)や、「掃除の順番。やりたいことがいっぱいありすぎて何から手をつけていいか分からなくなる」(42歳/男性)など、掃除の段取り、心構え的なことにも、プロのアドバイスがあると違ってくるはず。

もしも、家事のプロ・掃除の先生を独り占めできたら……というテーマでお届けした今回のアンケート。独り占めはできませんが、「家事のミカタ」でも、たくさんの家事のプロがその技を惜しみなく教えてくれています。こちらもぜひ、チェックしてみてくださいね。

SUUMOハウスサービス > 収納の記事一覧
SUUMOハウスサービス > 掃除の記事一覧

●[あなたご自身に関するアンケート]より
・調査期間:2016年11月17日(木)~2016年11月24日(木)
・調査方法:インターネット調査
・対象:25歳~45歳の男女
・有効回答数:216

文/丸田カヨコ

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧