「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2016/12/21 (水)

1月23日は花粉対策の日。頭を悩ませる花粉症……みんなの花粉症対策を大調査!

写真:PIXTA

1月23日は花粉問題対策事業者協議会が定めた「花粉対策の日」。スギ花粉飛散が多くなる1、2、3月にこそ適切な対策をするべきということで、日付に「1、2、3」が並ぶこの日が選ばれたのだとか。そこで今回は、みなさんの「花粉症対策」についてアンケートしてみました。

約6割が家族のなかに“花粉症の人”がいる!

「あなた、もしくはご家族はなんらかの花粉症をもっていますか?」と質問してみたところ、結果は次のようになりました。

なんと6割近くの方が、自分または家族がなんらかの花粉症を持っているという結果に。
毎年、花粉シーズンには対策グッズや対策法が話題になるものですが、こうしてみると、あらためて花粉症が“国民病”となっていることを実感しますね。

みんなの花粉症対策をご紹介!

写真:PIXTA

続いて自分、もしくはご家族がなんらかの花粉症をもっていると答えた人に「掃除や洗濯など家事の中で行っている花粉症対策」を聞いてみたところ、さまざまな花粉症対策が挙がりました。
「花粉症の人自身が行っている対策」と、「家族みんなで行っている対策」に分けて、主なものをご紹介しましょう。

●自分自身で対策する派は「マスクをする」が最多
花粉症の人自身が一番多く行っている対策は、定番の「マスクをつける」(32歳/女性)。
マスクも年々高機能化、多様化が進んでおり、花粉症対策に特化したものもたくさん登場していますよね。

ほかにも、「鼻スプレーしたり花粉用の眼鏡をかける」(42歳/男性)のように花粉対策アイテムを使う人や、体の中から対策するべく、「耳鼻科で目薬、点鼻薬をもらう」(34歳/女性)、免疫力をつけるために「毎日ヨーグルトを食べる」(36歳/女性)という人も見られました。

●家族みんなで対策する派は「部屋干し」が多数
家族で花粉症対策をしている方は、物理的に花粉を家に入れないようにする作戦が中心。中でも最も多かったのが、花粉シーズン中は洗濯物を外に干さずに「部屋干し」(27歳/女性)をするという意見です。
部屋干しはしなくても「外で干したものはたたいてから家の中に入れるようにしている」(25歳/女性)という人もいました。

また、「帰ったら玄関で服を払う」(38歳/男性)人も多いよう。念には念を入れて、「帰宅時には玄関先に置いてある粘着テープで上着をきれいにしてから入室」(35歳/女性)するという人までいました。

家に入ってしまった花粉への対策としては、「空気清浄機」(32歳/男性)を使う人が多数派。
さらに、「できる限り毎日掃除」(39歳/男性)する、毎日ではなくても「掃除機をまめにかける」(26歳/男性)という人も目立ちました。

たとえマスクや薬で対策するにしても、家の中に舞っている花粉が少ないにこしたことはないですよね。花粉やハウスダストの撃退方法については、下記の記事も参考にしてみてください。

そのせき、もしかしてハウスダストが原因かも?ハウスダストを撃退する7つの方法


●[あなたご自身に関するアンケート]より
・調査期間:2016年11月17日(木)~2016年11月24日(木)
・調査方法:インターネット調査
・対象:25歳~45歳
・有効回答数:216

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧