「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2017/03/09 (木)

知りたい!片付け・整理整頓代行サービスの料金相場や所要時間はどのくらい?

取材・文/小宮山悦子

写真:PIXTA

 家の中がモノであふれてすぐに散らかってしまう。そんな悩みを解決してくれるのが片付け・整理整頓代行サービス。必要なモノと不要なモノの仕分けを行い、収納方法の提案もしてくれます。今回は片付け・整理整頓代行サービスの料金や所要時間、依頼方法などをまとめました。

片付け・整理整頓代行サービスの料金相場とかかる時間は?

 片付け・整理整頓代行サービスは、家事代行会社が提供するサービスのひとつです。最近は忙しい共働き世帯や子育て中のファミリーを中心に、日常のさまざまな家事に対応してくれる家事代行サービスの利用が広がっています。なかでも片付け・整理整頓はお片付けブームもあってニーズが高く、それを専門に提供する会社もあります。

 家事代行会社「カジスルー」の西村さんによると、一般的な家事代行サービスの1時間当たりの料金相場は2000円~3000円台。「1回2時間、もしくは3時間以上30分単位で利用できるところが多いです」。片付け・整理整頓代に特化したプランを設けている会社もあり、そうしたプランでは整理収納アドバイザーの資格をもつスタッフが派遣されるため、高めの料金設定になっていることが多いようです。

 片付け・整理整頓代行サービスにかかる時間は、片付ける場所や広さ、モノの量によって変わってきます。モノが多いときや片づける範囲が広い場合は所要時間が長くなります。1人のスタッフが数回に分けて作業を行う、あるいはスタッフの人数を増やして短時間で行うことも可能です。

 前述の相場はスタッフ1人の場合で、2人に増やすとサービス料は2倍になります。例えば、1時間3000円の家事代行会社にスタッフ2人・3時間のサービスを依頼する場合、料金は1万8000円を見ておきましょう。サービス料のほかに、毎回人数分の交通費がプラスされます。また、初回はカウンセリングのために別途料金が発生するケースもあります。

 時間に余裕があるなら、数社に見積もりを取ってから依頼する会社を決めるといいでしょう。なかには見積もりを行わない会社もありますから、その場合は、片付けてもらいたい部屋や場所の状況をできるだけ詳しく伝えておくことが、当日の作業効率アップにつながります。

片付け・整理整頓代行サービスはどこまでやってくれる?

写真:PIXTA

 片付け・整理整頓代行サービスは、依頼者の立ち会いのもと、モノの収納方法の提案や実際の片付け作業を行います。さらに今後の収納についてのアドバイスを受けることもできます。自分ではどうしても片付かない場所も、プロのテクニックを借りることで見違えるようにスッキリするものです。

 サービスを依頼するときは、リビングや子ども部屋といった部屋単位、あるいはクローゼットの中やシンク下などの収納スペース単位で指定します。キッチンとクローゼットなど複数のスペースの片付けを頼みたいときは見積もりの際に相談しましょう。時間内に終わらなかった場合は、追加料金で延長できることもあります。

 「片付け・整理整頓代行サービスでは、指定された部屋や収納スペースの簡単な掃除は行いますが、その他の掃除は基本的に含まれていません」(カジスルー 西村さん・以下同)。ついでに水まわりの掃除をしてほしい、窓拭きをしてほしいといった場合は別途オプション扱いになることが多いので注意を。また、作業中に発生した不要品は、基本的に依頼者が処分する必要があります。

片付け・整理整頓代行サービスはどんな人が使っているの?

写真:PIXTA

 片付けが苦手な人には大いに気になるこのサービス。いったいどんな人が利用しているのでしょう? カジスルーの西村さんによれば、来客があるので部屋を片付けたいというニーズが多いそうです。「例えば、結婚祝いに大切なお客様が来る、近所のお友達を呼んでホームパーティーを開くなど。明日来てほしいといった急な依頼も少なくありません」

 家事代行会社によっては前日の予約で、翌日すぐにスタッフを派遣してくれるところもあり、急な来客のときには頼もしい限りです。とはいっても直前では、スタッフの手配ができない可能性も。忙しくて自分1人ではとても片付けられないと思ったら、すぐにサービスを依頼するといいでしょう。

 また、モノであふれた家を何とかしたいという依頼も。「あるお宅ではスタッフが思い切った断捨離を提案。お客様親子と3人で片付けを進めて行ったところ、最初は部屋が片付かないことで険悪なムードだった2人が次第に会話を交わすようになり、最後には笑い合っていたという事例もあります」。家がすっきりすると家族の笑顔が増えるもの。モノが片付かないと悩んでいるなら、早めにプロの力を借りて汚部屋から脱出を図りましょう。

 片付け・整理整頓代行サービスでは、整理収納アドバイザーや家事のエキスパートから、それぞれの家に合った収納方法を提案してもらえます。要・不要の仕分けができない、どんな収納グッズを使ったらいいのか分からない、クローゼットの収納力を高めたいなど、悩みや要望に合わせて整理整頓や収納のコツをアドバイス。いろいろ試してみたけれど、どうしてもスッキリしない収納を見直したいという人にもおすすめです。

スタッフが来る前にやっておくことは?

写真:PIXTA

 片付け・整理整頓代行サービスでは、最初に収納の悩みを聞きカウンセリングを行うケースが多いです。事前に少し片付けておくなど特別な準備は必要ありません。むしろ現状のままをプロに見せることで、整理整頓ができなかった原因が分かり、収納方法の提案もしやすくなります。

 作業に入るとまず、どれだけモノがあるかを確認し、必要か不要かを見極めます。普段使っているものはどれか、その使用頻度はどのくらいか、ある程度意識しておくといいでしょう。また、クローゼットなど特定の場所にしまいたいモノがあるときは、あらかじめ近くに準備しておくと収納の段取りがスムーズです。

片付け・整理整頓代行サービスの見積もりの取り方と予約方法

 片付け・整理整頓代行サービスは、電話やインターネットで申し込みができます。おおまかに片付けたい場所や希望を伝え、担当者と相談してサービス時間やスタッフ数を決めます。会社によっては、担当者が訪れ、実際の部屋や収納の状況を見てスタッフ数や所要時間を算出し見積もりを出してくれるところも。どこに何をしまうかといった収納方法や手順もこのときに打ち合わせします。

 時間制で料金が決まっている会社などでは見積もりを行わないケースもあります。その場合は、初回にカウンセリングや打ち合わせを行い作業に入ります。「収納を徹底的に見直したいから見積もりを頼みたい」、あるいは「リビングだけ急いで片付けたいから見積もりは不要」など、ニーズに合う会社を選びましょう。

 家は放っておくとすぐに散らかってしまうもの。たまにはこんなサービスを利用してスッキリとした住まいを取り戻しませんか。一度整理整頓すると毎日の片付けがラクになり、キレイな状態をキープしやすくなるのもメリットです。

取材協力

株式会社カジスルー 
代表取締役社長 西村勇人さん

「カジスルー」は、2015年に元大手家事代行会社のメンバーが立ち上げた家事代行サービス。インターネットによる業務効率化で、良質なサービスを手の届く価格帯で提供。シンプルな料金設定、簡単予約とスピーディーな対応で利用者の支持を集め、業務内容とサービスエリアを拡大中。

取材・文/小宮山悦子

家事代行のカテゴリ

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

ほかのエリアで探す

北海道

東北

甲信越・北陸

中国

九州・沖縄

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧