「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2017/03/15 (水)

お風呂・浴室の掃除の料金相場や所要時間はどのくらい?

取材・文/小宮山悦子

写真:PIXTA

 お風呂(浴室)は水垢やカビ、ヌメリなどが発生しやすく、水まわりのなかでもとくに掃除に苦労する場所です。自分では落とせない頑固な汚れや手の届かないところも、プロの手にかかればピカピカに。今回は、気になるお風呂(浴室)クリーニングの料金とサービス内容をまとめてみました。

お風呂・浴室クリーニングの料金とかかる時間は?

 ハウスクリーニング業者にお風呂(浴室)のクリーニングを依頼すると、相場は1万4000円程度、スタッフ1名の作業で所要時間は2時間ほどが目安です。これには浴槽のエプロン内部の高圧洗浄や鏡の水垢除去(うろこ取り)は含まれず、別途オプションになるケースがほとんどです。エプロン内部の高圧洗浄を含むサービス料金の相場は2万9956円、鏡のうろこ取りを含む相場は5万7029円となっています。

 お風呂(浴室)の掃除は、ハウスクリーニング業者よって基本プランに含まれている対応箇所が多少異なります。例えば、換気扇の分解掃除はプランに含まれているケースと別途オプションのケースがあります。プランを選ぶ際は、料金だけでなく対応個所も確認した上で比較検討しましょう。

●お風呂クリーニングの料金相場
最安値8500円~  平均1万4501円

※平均料金、最安値は、SUUMOハウスサービスに掲載している事業者のサービス料金より算出(2017年2月28日時点のデータ)。

※上記はすべて税込みの料金です。

 また、サービス料のほかに駐車場料金がかかる場合もあります。ハウスクリーニングはプロ仕様の洗剤や掃除道具を使うためスタッフは車で訪問するのが一般的。自宅に駐車スペースがない場合は、近隣で借りる必要があるため所要時間分の駐車場料金も含めて予算を考えておきましょう。

 お風呂(浴室)のクリーニングを少しでも割安で頼みたいなら、セットプランを使うのがおすすめです。例えば、お風呂とレンジフードの2点セットプランや、お風呂・トイレ・洗面・キッチン・レンジフードの水まわりクリーニングをまとめた5点セットプランなど、ハウスクリーニング業者によっていろいろなセットプランが用意されています。全体の料金はアップしますが、別々に頼むよりお得な設定になっている場合がほとんどです。

お風呂・浴室の掃除はどこまでやってくれる?

写真:PIXTA

 ハウスクリーニング業者によるお風呂(浴室)のクリーニングでは、普段の掃除では落としきれない水垢やカビ、排水口のヌメリも専用の洗剤を使って徹底的に洗浄します。浴槽はもちろん、カビがつきやすい壁や床の目地、水垢やせっけんカスでくすんでしまった水栓金具もピカピカに磨きます。手が届きにくい天井、いつもの掃除で見落としがちなドアや窓、換気扇の表面や照明も一般的なサービスに含まれる場所です。

 一般的なお風呂(浴室)クリーニングには鏡も含まれますが、水垢がうろこ状になってこびりついていると通常のクリーニングでは落としきれないケースも。うろこまでスッキリきれいに除去したい場合は、オプションで「鏡うろこ取り」を追加するといいでしょう。

 浴槽のエプロン内部も自分ではなかなか掃除がしにくい場所です。業者によっては基本プランにエプロン内部の手洗い洗浄が含まれています。また、多くのハウスクリーニング業者がオプションで用意している「エプロン内部の高圧洗浄」を追加で依頼すれば、パワフルな洗浄力で奥の水垢やヌメリまでさっぱり一掃できます。

 そのほかにも業者によって、水垢をつきにくくする「鏡コーティング」、カビの繁殖を抑える「防カビコーティング」、換気扇や浴室乾燥機の「分解洗浄」などのオプションがあります。徹底的に洗浄した浴室を防カビコーティングで仕上げれば清潔な状態を長期間維持できるでしょう。ただし、浴室の状況や使用年数によっては、汚れやカビを完全に落としきれないケースもあります。

ハウスクリーニング業者が来る前にやっておくことは?

写真:PIXTA

 浴室内にある洗面器やバスチェアなどの備品の移動は、通常サービスには含まれていません。ハウスクリーニング業者のスタッフが来る前に、浴室内にある物をすべて別の場所に移動しておきましょう。洗面所に収納家具やゴミ箱などを置いている場合はクリーニングの妨げになることもあり、場合によっては移動が必要です。ハウスクリーニング業者に物品の移動を依頼すると有料になる場合もあるので注意してください。

 また、小物や備品の清掃も通常はお風呂のクリーニング料金には含まれていません。オプションでクリーニングをお願いするか、別の場所に移動する際に自分でシャンプー類のボトルを拭いたり、バスチェアや洗面器を洗っておくと、クリーニングが完了してきれいになった浴室に気分よく戻すことができるでしょう。

写真:PIXTA

 お風呂の掃除をハウスクリーニング業者に依頼する際には、掃除してほしい箇所が料金に含まれているかどうかを確認しましょう。特に浴槽のエプロン内は、浴室のカビの原因となりやすい場所です。別料金になることが多いですが、あとで別に依頼するよりまとめてオプションで依頼するのがおすすめです。

 SUUMOハウスサービスでは複数のハウスクリーニング業者を比較検討して、自分の希望に合う業者に依頼することができます。不明点や疑問に感じることがあれば、申し込みの際に問い合わせ欄に入力しておきましょう。ハウスクリーニング業者とのチャットも可能なので、気になることがあれば質問してみましょう。

写真:PIXTA

 一度ついてしまった水垢やカビは、自分ではなかなか落としきれないもの。プロのハウスクリーニングを利用して、気持ちのよいバスルームを取り戻しましょう。一日の疲れを癒やすバスタイムが、今よりもっと楽しみになるはずです。

取材・文/小宮山悦子

ハウスクリーニングのカテゴリ

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

ほかのエリアで探す

北海道

東北

甲信越・北陸

中国

九州・沖縄

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧