「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2015/10/05 (月)

【家事アドバイザー・毎田祥子さん】~今日から始められる~小さな工夫で快適な暮らし<掃除編>

構成・取材・文/樋口由香里 撮影/後藤淳
仕事に家事に子育てに、慌ただしい毎日を送っていると、部屋の中が散らかりがち。
いつもモノがあふれていたり、なかなか掃除できなかったりしていても、「忙しいから仕方ない」とあきらめていませんか?
でも、ちょっぴり工夫するだけで、時間がなくても、手をかけなくても、気持ち良く過ごせる住まいになります。
そんな暮らしのアイデアを、家事アドバイザーの毎田祥子さんに聞きました。

忙しくても「ながら掃除」なら気楽にキレイを維持できます

——家事の中でも、掃除が苦手という人は多いようですが、キレイな住まいを保つにはどうしたらいいのでしょう?

 そもそも掃除するには、まず片付けが必要なんですよね。もしも散らかっているモノの片付けに30分かかったら、もう掃除なんかしたくなくなっちゃうでしょ? だから、掃除でラクしたい人にはモノを減らすことを勧めています。

——確かに、掃除する前に疲れてしまうとキレイにするところまでたどり着きません。

 だから、「モノを捨てる基準」を作っておくことが大切です。生活していると不要なモノは次々と出てくるし、ライフステージによっても必要なモノが変わります。「いつか使う」と取っておくのではなく、「必要になったら、その時にふさわしいもっといいモノを見つければいい」というように、考えを変えてみてください。
「捨てる」と思うとためらいますが、使用頻度の低いモノを提供して社会貢献すると思うと、手放すことのハードルが低くなります。今やリサイクルに出したり、寄付したりするのは、ファッションのように身近な文化。おもちゃ、本、雑貨、服と、アイテムごとに行きつけのリサイクルショップやバザーを見つけてスケジュールを立てておくと、「この日には、使わないモノを持っていく」という習慣がついて、不要なモノを溜め込まない暮らし、引いては掃除しやすい住まいになります。

——片付けるモノが少なければ、掃除する気になれそうですね。

 そう、ヤル気が出る環境にすることはとても大事です。あまりにひどすぎると、ヤル気が出なくて余計に汚れるという悪循環に陥ります。特に、平面がモノで覆われていると、人は気が滅入るもの。一度着たけれど、すぐに洗わない服が椅子にかかっていたり、取り込んだ洗濯物が床に広がっていたり、リビングにおもちゃが散らかっていたりするようなら、まとめて一カ所に寄せるだけでも気分がスッキリします。だから、掃除しやすい状況をキープするためにも、散らかりがちなモノは専用のカゴを置いておくといいでしょう。底が浅いタイプを用意しておけば、そこに溜め込みにくいので片付けやすくなり、持って移動できるので掃除のときにもラクですよ。

——掃除する環境づくりですね。それが整ったら、どこから手をつけていきましょう?

 じつは、そう気負わなくてもいいんです。掃除の時間を作ろうと思うと、「忙しくてできない!」となってしまいますが、何かのついでにやれるなら、忙しくてもできる。だから、私は「ながら掃除」を勧めています。例えば、床や棚の掃除。本来は「上から下へ」が鉄則なので、床は2階から始めて1階へ降りていくほうがいいし、部屋なら棚の上を先に掃除してから床に移ったほうがいい。でも、そこにこだわるとまとまった時間が必要になるので、忙しいときは「通りすがりにモップを持って床を移動」だけでもいいんです。

——食事の後にテーブルを拭くついでに棚も拭くとか、いろいろ工夫できそうですね。

 思い立ったらすぐできるように、掃除道具を手に取り出しやすい場所に置いておくのがコツです。起毛しているポリエステルはホコリの吸着力が抜群なので、掃除シートやモップ、はたきはもちろん、古くなったフリースを小さく切って使うのもオススメ。ポケット部分は手袋にして掃除できますよ。

1日1カ所の「ながら掃除」で十分キレイに

——水回りの掃除にもコツがありますか?

 水回りこそ、「ながら掃除」したいところ。小さく切ったボロ布を各所に置いておいて、洗面台もキッチンのシンクもトイレの便座も、「使ったときにサッと拭く」習慣があると、大掃除がぐっと楽になります。
 また、キッチンの油汚れはタイミングが大事。排水口や排水管、シンクに汚れをためないためには、できるだけ油を水で流さないこと。鍋が熱いうちにスクレーパーでぬぐえば、カンタンに油だけを捨てられます。水も布も使わないのでゴミも出ません。
 一方で浴室は掃除する面積が広いから、使うたびに浴槽ぐらいは洗えても、それ以外の部分までは、なかなか毎日というわけにいきません。そもそも一度ですみずみまでキレイにしようと思うと「ながら」どころではなくなります。でも、1日1カ所なら「ながら掃除」で十分なんです。「今日は蛇口まわりだけ。明日は扉のレールだけ。あさっては手すりだけ…」というように少しずつ掃除していけば、だいたい1週間で全体がキレイになります。

——「ながら掃除」はパパや子どもにも手伝ってもらいやすいような気がします。家族に協力してもらえば、忙しいママにとって、掃除の負担が減ることで気持ちも明るくなりそうです。

 家族を巻き込んでいくのも大事なポイントですよね。一人一人に住まいや時間を大切にする意識が生まれます。「ながら掃除」は習慣になると苦にならないので、生活のリズムの中に組み込んでいくといいでしょう。例えば私は、ゴミの日の前日がボロ布掃除の日。ゴミの日は家族が意識する日なので覚えやすいし、汚れた布を翌日にすぐ捨てられて衛生的です。
 年間計画では、コンロやレンジまわりは油汚れが落ちやすい夏場に行う、食品が傷みやすい梅雨入り前には、食品整理を兼ねて冷蔵庫やパントリーの掃除をするといいでしょう。

——習慣になれば、無理なく続けていけそうです。

 それでも疲れたり、できなくなったりしたときは、何もしないで休んでほしい。毎日頑張っているのだから、たまにはご褒美だと思ってプロを頼ってもいいと思います。そうすれば、自分の疲れも住まいの環境もリセットできますよ。
 家事代行サービスを頼んだ時には、ただ掃除をお願いするだけではもったいない。プロが自宅の状況を見ているのだから、ぜひ「この家の場合は?」と具体的に掃除のコツを聞いてみてくださいね。どんな洗剤をどう使うと効果的なのか、どこをどれぐらいの頻度で掃除するといいのか、プロのアドバイスをもらえると、その後のヤル気にもつながります。

Profile

毎田祥子さん

家事アドバイザー。All About「家事」ガイド。JAMHA認定ハーバルセラピスト、同メディカルハーブコーディネーター、AEAJ認定アロマアドバイザーとしての資格も取得。著書『いつのまにか家事上手になるシステム家事のすすめ』、監修『おばあちゃんの歳時記暮らしの知恵』など。雑誌・新聞の監修・執筆などマスコミ出演多数。

オールアバウト執筆記事一覧:
http://allabout.co.jp/gm/gp/4/library/

構成・取材・文/樋口由香里 撮影/後藤淳

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧