「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2015/10/26 (月)

本音を言えばやりたくない!? ニガテなお掃除ランキング

文・図版/アトリエあふろ  イラスト/イノウエツグミ
汚いのは嫌だから掃除するけど、できることならやりたくない……。毎日のお掃除でみんなが苦手! と思っているのはどこ?

掃除が大変なわりに、すぐ汚れる場所が上位にランクイン

僅差のTOP3は1位「お風呂掃除」、2位「窓、サッシの拭き掃除」、3位「キッチン掃除(シンク・作業台・ガスコンロなど)」の3カ所。TOP3に共通しているのが、「掃除してもすぐに汚れる」という声です。バスルームやキッチンは毎日使うし、窓やサッシは屋外に面しているので、きれいな状態を長くキープするのは難しいですよね。いずれの場所も掃除が大変なだけに、徒労感を覚える人が多いのは当然かもしれません。

また、「お風呂掃除」「キッチン掃除」は、カビや水垢、排水口のぬめりなど、水まわり特有の落としにくい汚れがあり、苦手と感じる人が多いようです。特にキッチンは、カビやぬめりだけでなく油汚れもしつこいため、ドロドロ・ベタベタのダブルパンチに。さらに、この2カ所はシャンプーやボディ用スポンジ、調理器具や調味料などこまごました物が多いのも特徴。「子どものお風呂用オモチャを洗うのが嫌」「置いてある物が多くて面倒くさい」との声があるように、毎日一つひとつ洗ったり、移動させて台を拭くのはおっくうという気持ち、よく分かります。

2位の「窓、サッシの拭き掃除」には、「高いところまで届かなくて大変」「外からの作業がなかなかできない」という声が多く寄せられました。日常的にササッと掃除するのは難しい場所なので、苦手意識をもつ人が多いのもうなずけます。範囲が広くて時間も体力もいるから毎日掃除するのは嫌! という声は、1位の「お風呂掃除」とも共通しますね。

「どうせすぐ汚れるし大変だから明日でいいや~」が続くと、気になり始めたときには頑固な汚れになっていて、掃除しようにもますます腰が重くなるという悪循環にハマりがち。自分ではどうにもできないレベルになったら、プロの手を借りるのもひとつの方法といえそうです。

理由は「キリがない」「疲れる」「面倒」など

・お風呂掃除:掃除してもキリがなく、すぐに汚れてしまう。(33歳・女性)
・お風呂掃除:こすり掃除は力がいる。ほかの場所の掃除より疲れる。(43歳・女性)
・お風呂掃除:掃除してもカビが生えてくるからやりがいを感じない。(30歳・女性)
・お風呂掃除:排水口のぬめりが嫌だ。(39歳・女性)
・窓、サッシの拭き掃除:窓の量が多く、とても大変。サッシの隙間の掃除のときには大抵切り傷ができてしまう。(38歳・女性)
・窓、サッシの拭き掃除:出窓は手の届かない場所があるから汚いまま。(33歳・女性)
・窓、サッシの拭き掃除:上の方に手が届かない。よく見ると拭いた跡が残ってしまう。(44歳・女性)
・キッチン掃除:油がギトギトで落とすのに疲れる。(40歳・女性)
・キッチン掃除:きれいにしてもすぐ汚れてしまうので面倒。(46歳・女性)
・キッチン掃除:念入りに掃除しても完璧にきれいにならない。(36歳・女性)

●[ハウスクリーニングに関する調査]より
・調査期間:2015年08月21日(金) ~ 2015年08月23日(日)
・調査方法:インターネット調査
・対象:関東地方在住、20代~40代、女性
・有効回答数:206名

文・図版/アトリエあふろ  イラスト/イノウエツグミ

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧