「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2015/10/05 (月)

共働き夫婦必見! ケンカをしない家事分担のコツ

SUUMOハウスサービス編集部
何かとトラブルになりやすい夫婦の家事分担。どちらかに負担が偏っていたり、そのやり方が気に入らなかったり……ついパートナーとケンカになってしまう人も多いのでは?夫婦関係を良好に保ちながら、家事を分担するコツはあるのでしょうか? 家事・育児を家族や社会でシェアすることを目指すNPO法人tadaima!の代表・三木智有さんに、すぐに試せる実践的なテクニックを聞きました。

チェックシートで家事の全体像を把握する

「家庭でよくあるのが、妻が主体的に家事をしていて、夫がその一部だけを手伝っているパターン。夫は家事の全体像を把握していないため、結局至らない部分を妻がフォローしなければならなくなり、それがトラブルの原因になります。チェックシートでやるべきことを書き出しておくと、夫にもどんな家事があるのか分かるので、手伝いやすくなりますよ」

全体像を“見える化”することで、「家事を二人のことにするのが大切」と三木さん。1~10まである家事の一部分しかやってくれない……そんな“木を見て森を見ない”タイプのパートナーをおもちの方にはぴったりの方法かも。

スマホで買い物リストを共有する

「買い物も家事の一つ。わが家では、買わなくちゃいけない生活用品をスマホのリマインダーリストで共有しています。必要なものに気付いた人がリストに追加して、買った人がそこから削除。今必要なものをいちいち言葉で確認する必要がなく、買い漏れもなくなるのでとても重宝しています」

三木さんの家庭では、買い物リストだけでなく、お子さんの保育園の行事などのスケジュールも共有しているのだとか。家庭の備忘録を共有しておけば、「知らなかった」なんて言い訳もできなくなりそうです。

家事の時間を合わせる

「お子さんのいる家庭で多いのが、妻が家事をしているときに夫が休憩しているパターン。どちらか一方に負担が集中していると不満が溜まりやすいので、そういうときはお子さんも一緒に家族みんなで家事をしましょう。お子さんと一緒にカーペットに粘着クリーナーをかけるとか、洗濯物を一緒に畳むとか、遊びながらでもできることはたくさんありますよ」

みんなで一緒に家事をやれば、時間短縮になるだけでなく、家族にも連帯感が生まれそう。小さなお子さんを巻き込むと逆に仕事量が増えることもあるけれど、そんな状況も楽しみながら、みんなで家事ができたら最高ですね。

夫婦間の小さな衝突も、積み重なればダメージが大きくなっていくもの。夫婦関係に危険信号がともる前に、わが家の家事分担、見直してみてはいかがでしょうか?

Profile

三木智有さん
1980年、鳥取県生まれ。NPO法人tadaima!代表理事。「働くことも、家庭を営むことも大切にできる社会の実現」を目指して活動中。

▼NPO法人tadaima
http://npotadaima.com

SUUMOハウスサービス編集部

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧