「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2015/10/05 (月)

妊娠中の家事、今まで通り続けても大丈夫?

SUUMOハウスサービス編集部
これまでは普通にこなしていた家事も、妊娠中は体調の変化があり、なかなか思うようにいかないこともあります。そもそも妊娠中の家事は、どの程度体に負担がかかるものでしょうか? 妊婦の体調の変化と家事の仕方や注意点について、川島産婦人科医院の生駒美穂子先生に聞いてみました。「妊娠初期は、つわりで食べることや水を飲むことすらつらくなることがあります。そのようなときは落ち着くまで安静にしていましょう。また、お腹が大きくなってくると、キッチンや流しの台にあたり、食事の支度や洗い物などがしづらくなってきます。腰痛になる方もいて、立ち仕事がきついという方もいます。家事は無理をしない範囲で行いましょう」

頑張り屋さんは要注意!家事は無理せず休みながら

妊娠中の家事を無理のない範囲で行うコツはありますか?

「妊婦さんのなかには、家事をすることが当たり前だと思って、長時間にわたって家事をする方も少なくありません。ずっと動き続けてしまうとお腹が張ってくることもあるので、一時間に一度は休んだほうがいいですね」

もしお腹の張りを感じたら、速やかに安静にするのがベストです。

「妊娠中、お腹が張っている時は子宮が収縮しています。赤ちゃんに酸素が回っていないこともありますので、なるべく横になったほうがいいですね。また、お腹が張っても、例えば今回が二人目だったりして、前の妊娠時では大丈夫だったからと、無理してしまう方もいます。不安な症状があったら必ず産科医に診てもらってください」

体調が良いようなら、家事をすることは体重管理に役立つ一面もあります。

「適度に体を動かす家事は、体重管理の面ではよいこともあります。体が重くて動かなくなると、急激に体重が増加し合併症を起こすこともあります。私の医院では、体重計に毎日乗るように指導しています」

妊娠前と同じようにしようと思わないで! 家事は体調に合わせて行おう

体調を気にかけつつ行いたい妊娠中の家事。眠気やだるさなどで思うように家事ができないことに、完璧主義の女性はなまけているように感じてしまうこともあるそうです。もし家事のできない期間が長引きそうなら、家事代行サービスにお願いしてみるのも、家事をスムーズに行う選択肢のひとつといえます。

今までと同じようにこなそうとはせず、体をいたわりながら、新しい家族の誕生を待ちましょう!

Profile

生駒美穂子先生
川島産婦人科医院 副院長。妊婦さんとの会話を重視した診察が特徴。総合病院とは違った細かいケアと精神的なフォローをしてくれる。

SUUMOハウスサービス編集部

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧