「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2015/10/05 (月)

気分が乗らない、体が重い……家事をやりたくないときの対処法は?

SUUMOハウスサービス編集部
家事と育児、そして仕事と三足のわらじを履く主婦は少なくないはず。どんなにパワフルなママだって、疲れが溜まったり、体調が悪かったりすると、家事をしたくなくなることも……。とはいえ、どうにか自分を奮い立たせて、ひとふんばりするしかありません。そんなときはどうしたらいいのでしょう?住まいまわりの記事を専門に執筆するライターで、『この一冊ですべてがわかる! 家事のきほん新事典』(朝日新聞出版)などの著者で、All Aboutガイドの藤原千秋さんに聞きました。

テンションが上がるものを駆使して、やる気をアップ!

「疲れはパワー不足! それを解消するため、家事に取りかかる前にエナジードリンクを飲んでみましょう。また、自分の気分が絶対に上がるBGMをスマートフォンなどで流すのも効果的です」(藤原さん以下同)

家事に取り組む前に、テンションを高めてから臨むのが効果的です。それでも気持ちが乗らないときは、アメとムチ作戦が効果的だそう。

「家事が終わったら食べるごほうびのオヤツを準備しておくと、それを楽しみに頑張れることは多いですよ」

苦手な家事は紙に書き出して機械的にこなす!

家事が憂鬱(ゆううつ)になるのは、例えば「掃除は好きだけど、料理は苦手!」、「洗濯は好きだけど、片付けるのがおっくう」と、得手・不得手があるのもひとつの理由です。苦手な家事をスムーズに行うにはどうしたらいいのでしょうか?

「特に苦手な家事については、手順を紙に書き出すなどして、作業内容を明確にするとスムーズに進められると思いますよ」

イヤなことはメモ通りに動いて機械的に終わらせる。 さらに、作業が終わったらひとつひとつチェックマークを付けていくと、達成感も得られるので苦手意識が和らいでいきそう。

適当にやっても別に死にはしない! と開き直る

とはいえ、すごく疲れている日は、多少自分を甘やかすのもアリだと、藤原さんはいいます。

「やりたくないのに“~しなければ!”という主婦の方は多いと思います。でも、そんなときはきっちりやらなくたってOK。“適当にやっても別に死にはしない”と自分に言い聞かせて、罪悪感なくサボっちゃいましょう」

キャパオーバーでダウン気味なら「ま、いいか」と考えると少し気がラクになります。また、ときには家事代行サービスなどにお願いし、次に家事をする元気をチャージしていると捉えてもよいかもしれませんね。

誰にでもやる気が出ない日はあるもの。息抜きを上手に取り入れながら、毎日の家事に取り組んでいきましょう!

Profile

藤原千秋さん
主に住まい周りの記事を専門に執筆するライターとして14年のキャリアをもつ。現在は並行して家事サービス、商品開発等にも携わる。AllAboutガイド。大手住宅メーカー営業職出身、三児の母。『この一冊ですべてがわかる! 家事のきほん新事典』(朝日新聞出版)など著書、マスコミ出演多数。
▼AllAbout
http://allabout.co.jp/gm/gp/31/

SUUMOハウスサービス編集部

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧