「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2015/10/05 (月)

専業主婦なのに家事が苦手……それを克服する方法とは?

SUUMOハウスサービス編集部
家事は掃除や洗濯、アイロンがけ、料理など、さまざまな作業にわたります。どうしても苦手な家事がある場合、一体どうしたらそれを克服できるのでしょうか? 主婦であり、『この一冊ですべてがわかる! 家事のきほん新事典』(朝日新聞出版)などの著者で、All Aboutガイドの藤原千秋さんに聞きました。

“ほどほどにキレイ”でOK! 苦手なら掃除機の買い替えも

まずは、掃除が苦手な人はどうしたらいいでしょうか?

「掃除が嫌いな人は、理想主義者、完璧主義者が多い傾向にあるようなので、ほどほどのところで切り上げる諦めのよさが必要です。同時に、道具をうまく使ってラクをすることを自分に許す寛容さも大切。この2点をクリアすれば、掃除は劇的にラクになります」

例えば、繰り回しにストレスがかかりにくいスティックタイプの掃除機やロボット掃除機は便利です。最終的には部屋がキレイになっていればいいのだから、苦手な分野は別の力をどんどん借りてみましょう。

干しっ放しでシワがつかない! 効率的手抜きを推奨

次は、天候にも左右される洗濯。特に子どもがいる家庭は、毎日のように洗濯しなければなりません。

「洗濯嫌いには段取り不足、先見性が足りない傾向があるようです。洗濯のプロセスで何におっくうさを感じるのかを自己分析して、そのポイントを手厚くフォローしてみましょう」

畳むのがイヤなら、ハンガーにかけたままプレスができるアイロンを導入したり、形状記憶の衣料品にしたりして、いっそ全部の衣類を畳まない生活にシフトするのも一手です。また、近年はシワになりづらい機能を搭載した洗濯乾燥機もあります。

そのほか、洗い上がりの香りの相性がぴったりの洗剤+柔軟剤の組み合わせを見つけて、洗濯するたびにその香りで癒やされれば、やる気アップにつながります。

キッチンを制するのは効率を上げる新製品! 賢く使って食卓を制す

最後は朝、昼、晩と、稼働が多い食事です。食材の買い出しに始まり、調理、洗い物など、その作業は広範囲に渡ります。

「あれもしなきゃ、これもしなきゃとマルチタスクが重荷になるタイプが料理嫌いには多い印象です。あれこれと欲張らず、鍋やフライパンひとつでできる、煮るだけや焼くだけのメニュー、レンジでチンするだけなど、得意な調理法をひとつだけ極めるのがオススメです」

もし味付けが苦手なら、市販の万能調味料を使うのもいいでしょう。食器洗いが苦手なら、油汚れを短時間で落とす洗剤や、汚れを強力に落とすスポンジに変えたりすると、作業がウソのようにラクになるといいます。100円程度の価格差で段違いの性能を見せるので、取り入れない手はありません。

「便利な道具や食材は率先して使う。そのための情報収集は惜しまないことが苦手を克服する秘けつです。新しいモノ好きなら、新製品を使ってみたくて、家事が好きになるかもしれませんよ」

一家を守るためには、主婦の家事力はとっても大事。 楽しみを少しずつ見つけて、日々の家事を頑張ってみましょう!

Profile

藤原千秋さん
主に住まい周りの記事を専門に執筆するライターとして14年のキャリアをもつ。現在は並行して家事サービス、商品開発等にも携わる。AllAboutガイド。大手住宅メーカー営業職出身、三児の母。『この一冊ですべてがわかる! 家事のきほん新事典』(朝日新聞出版)など著書、マスコミ出演多数。
▼AllAbout
http://allabout.co.jp/gm/gp/31/

SUUMOハウスサービス編集部

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧