「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2015/10/05 (月)

一人暮らしの面倒くさい家事を短縮する5つの方法

SUUMOハウスサービス編集部
一人暮らしは自由気ままで楽しいけれど、家事は面倒……。「家事は誰かに褒められるわけではなく、お金になるわけでもない。変化がなく、繰り返しのため面倒に感じやすいのです」こう教えてくれたのは、一人暮らしアドバイザーの河野真希さん。「特に一人暮らしの場合、周りに誰の視線もないので、余計後回しになりがちです」(河野さん、以下同じ)それでは、面倒に感じる家事の時間を短縮するにはどうすればいいのでしょう? 一人暮らしの男女が面倒くさいと感じる家事の代表「洗濯」「料理」「掃除」について、5つのコツを教えてもらいました。

家事の時間を短縮できる5つのコツ

1. 洋服を脱いだらそのまま洗濯ネットで分別

洗濯が面倒な理由は、洗濯物を干して取り込んで畳むこと。

「オススメは、大きめの洗濯ネットで分類すること。例えば、洋服はハンガーにかける、下着や靴下は洗濯バサミで留めるなど、干し方は決まっていますよね。洗濯後にバラバラに出てくるよりも、ネットで分類しておけば取り出しやすく、順番にも干しやすいです。ネットを洗濯カゴ代わりにして吊るしておき、脱いだ時に分類しながら入れておけば、チャックを閉じてそのまま洗濯機に入れればいいだけなのでラクです」

洗濯ネットを購入するだけでできる手軽さも魅力です。

2. 洗濯はまとめてではなく、こまめにする

「洗濯を何日かまとめてするよりも、こまめにしたほうが、1回当たりの作業が少なく、面倒に感じにくいです。雨の日や防犯の観点から部屋干しする場合も、洗濯物の量が少ないと風通しがよくなり、嫌な臭いを防げます」

まとめたほうがラクだと思いがちですが、一度こまめに洗濯するのを試してみては?

3. 食器を使わず、料理後の洗い物を減らす

自炊を面倒と感じるのは、その後の片付けや洗い物があるから。

「洗い物を減らすためには、なるべく食器を使わないようにするのがポイントです。最近はシリコンスチーマーや土鍋をはじめ、オシャレな鍋やフライパンがあります。調理器具のままテーブルに出しても気分が盛り上がるようなものを選びましょう」

また、一人分の量をつくるより、あえて多めにつくり、食べ回したり冷凍保存したりするほうが、手間もかからないのでオススメです。

4. 気が付いた時に、1分で終わりそうな掃除をする

時間を決めてやろうとすると、面倒になりがちな掃除。

「1分で終わりそうな掃除は、すぐにやる習慣を付けましょう。水まわりや洗面台などはメラミンスポンジを置いておき、気が付いたときに汚れを落とす、トイレは使い捨てのシートでさっと拭くなど、1分程度でも落とせる汚れは多いです」

使いやすい掃除道具を目に付くところに置いておくのも重要ですよ。

5. 使い捨ての掃除道具を活用する

掃除機を出したりしまったりするのもおっくうになりやすい。

「一人暮らしであれば、フローリングワイパーや粘着クリーナー、ウェットシートでもなんとかなります。そのほうが掃除に対する精神的なハードルが低くなるのであれば、使い捨てのものをうまく活用しましょう。気楽に掃除を始めることができます」

それでも忙しいときや体調がすぐれないときは、プロに依頼するのも◎。家事代行サービスによっては一人暮らし用のプランもあるので、一度試してみるのはいかがでしょうか?

Profile

河野真希さん
暮らしスタイリスト/一人暮らしアドバイザー。自らの一人暮らし体験を基に取材や研究を重ね、2001年からWebを中心に各種メディアで暮らしに関する情報を発信。料理や家事、インテリアなど、ライフスタイル提案を行う。著書に『ひとり暮らしの季節ごよみ 毎日が楽しくなる「プチ行事」のススメ 』(祥伝社)。

SUUMOハウスサービス編集部

家事代行のカテゴリ

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

ほかのエリアで探す

北海道

東北

甲信越・北陸

中国

九州・沖縄

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧