「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2015/10/05 (月)

部屋が汚い男はモテない?! 一人暮らしの男性必見の掃除術

SUUMOハウスサービス編集部
いざ飲み会で気になる女の子を家に誘おうと思ったものの、自分の汚い部屋を思い出して連れて帰れない……。そんな残念な経験、あったりしませんか? 今回は、人を呼ぶときにどこをきれいにしておくと好感度が上がるのか、専門家に聞いてみました!

家のなかでも特に意識すべき場所は?

まずは第一印象! 玄関の臭いに注意

「男性は意外と臭いを気にしない人が多い」と教えてくれたのは、一人暮らしアドバイザーの河野真希さん。

「玄関は湿気が多くてカビやすく、外から泥などが入ってくるので臭いが気になることが多いです。玄関を消臭するのではなく、臭いのもととなる靴を消臭しましょう。靴箱の中に消臭や除湿のマットを敷いておくのがオススメです」(河野さん、以下同じ)

また、玄関が靴だらけにならないように注意しましょう。置いておくのは1足程度にして、残りは収納するのがベストです。

水まわりのキレイさは好印象に直結!

「水まわりは、掃除を怠るとどんどん不潔な様子に……。シンクに使った食器がそのままになっているのは、もってのほか。目に見えるものは片付ける習慣をつけましょう。水まわりがキレイなだけで、家の中の印象は全然違いますよ」

また、一人暮らしの人に多いユニットバスは次の点に気を付けましょう。

「一人暮らしで多いのはトイレとお風呂が一緒になったユニットバスのタイプ。シャワーカーテンを吊るしているとどうしてもカビ臭くなりがちです。お風呂から出るときにさっと水を全体にかけ、日ごろからバスルームの温度を下げておくとカビにくくなります」

さらに水を拭いておくと、よりカビを防ぐことができます。浴室乾燥機が付いていれば、それを活用しましょう。

男性特有のあの習慣に注意!

「最近は減ってきていると聞きますが、トイレで用を足すときに立ってすると、周りに飛び散り汚れやすくなります。ウェットシートなどでさっと拭くようにするとよいでしょう。便座カバーやトイレマットなど、布ものは臭いを吸収しやすいです。こまめに洗濯することができないのであれば、使うのをやめましょう。そのほうが臭いもつかず、汚れも拭きやすいです」

また、便座を上げたままにしておくと女性はびっくりするので、下げておくのを忘れずに!

出し放しになりやすい洋服はハンガーのままクローゼットへ

「洗濯物を取り込んだまま、畳まないで置いてあったり、洗う前の洗濯物が山積みになっていたりすると、不衛生な印象になります。取り込んだときにすぐしまうのが難しければ、ハンガーのままクローゼットにすぐにかけられる状態にしておくとよいでしょう。洗う前の洗濯物はランドリーBOXへ入れておくこと」

そのほか、シーツや枕カバーなども臭いが吸着しやすいので洗濯をしたいところ。カーテンやラグなど洗濯が大変なものは、除菌消臭スプレーを利用するのがオススメです。

臭いはなかなか自分では気が付きにくいもの。日ごろから清潔さを保ちたいけど、どうしても面倒という人は家事代行サービスを利用してみるのも一つの手です。そうすれば、ここ一番の勝負デートの日に家に呼べないなんてことはなくなるかも?

Profile

河野真希さん
暮らしスタイリスト/一人暮らしアドバイザー。自らの一人暮らし体験を基に取材や研究を重ね、2001年からWebを中心に各種メディアで暮らしに関する情報を発信。料理や家事、インテリアなど、ライフスタイル提案を行う。著書に『ひとり暮らしの季節ごよみ 毎日が楽しくなる「プチ行事」のススメ 』(祥伝社)。

SUUMOハウスサービス編集部

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧