「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2015/10/20 (火)

大掃除、プロの手を借りるなら、秋がねらい目

構成・取材・文/竹入はるな 取材・写真協力/ベアーズ

ハウスクリーニングのプロに、秋に大掃除を依頼すると良い理由を聞いてみました!

習慣で年末にやろうと思いがちな大掃除。でも、12月は仕事の忙しさに加え、クリスマスや忘年会など、イベントも目白押し。だから、大掃除は秋のうちに済ませておくのが、師走にゆとりをもって暮らしを楽しむための賢い選択のよう。大掃除にプロの手を借りるなら秋がねらい目の理由は大きく3つ。ハウスクリーニングサービスのプロフェッショナルに教えてもらいました。

■理由1/秋はサービスを利用する日時が選びやすい

空きがあれば前日でも依頼できることもあるが、予約が集中する時期は利用日が1カ月先になることも。はじめての利用なら、余裕がある10月に一度試してみるのがオススメ

一般的に、ハウスクリーニングのスポット利用が多いのは、年に3回。引越しシーズンの3月~4月、エアコンクリーニングが増える梅雨から夏、そして最も集中するのが12月~1月上旬の大掃除需要だそう。
「9月から11月の上旬ぐらいまでは、繁忙期のはざまとなり、ご希望の日時でサービスを提供しやすい時期。11月に入ると、予約が混み合いますので、忙しい方ほど予約だけでも10月のうちにしておくことをおすすめします。12月上旬にはプロの手による大掃除を終えておきたいですね。その後はきれいな状態をキープするという軽い気持ちで過ごせるので、忙しい12月にゆとりがもてると思いますよ」

■理由2/秋はキャンペーン料金や付加サービスなどお得なプランを見つけやすい

ハウスクリーニングの利用が落ち着いている秋は、早割やキャンペーン料金を設定するなど、お得なプランを見つけやすい時期だそう。
「キャンペーン料金以外にも、通常のサービスと同じ料金でより内容を充実させたプランがあることも。利用が落ち着いている時期だからこそ、より多くの人をサービスに当てられるのがサービスを付加できる理由です」
はじめてプロの手を借りるなら、お試しでお得な時期に小さな部分から利用してみるのがよいでしょう。
「プロに依頼した効果を実感しやすいのは、お風呂場やキッチンなどの水まわりです。丹念な掃除で場が明るくなり、広く感じられると思います」

■理由3/夏に発生したカビやダニを退治すれば健康的に暮らせる

暖かく暗い浴槽の壁の内側は、カビが発生しやすいが普段のお手入れは難しい部分。プロの手を借りれば、見えないところのカビの除去など、ここまでキレイにできる

高温多湿な夏場は、カビやダニが発生しやすい時期。秋になり、空気が乾燥してくると、カビの胞子やダニの死骸などのハウスダストが空気中に舞い上がり、吸い込みやすくなる。それらがアレルギーの発生源になりやすいそう。
「実は、秋はアレルギーがひどくなりやすい時期なのです。家族が健康的に暮らすために、夏に発生したカビやダニは、早めにプロの手で退治するのがオススメです。また、夏に発生したカビやダニを放置しておくと、閉め切って暖房を使う冬場はそれらがダニのエサになり、さらに増えることになります。秋に大掃除をすることはカビやダニの予防にも効果的です」



年末年始は、キレイな家でゆっくり過ごしたいもの。12月に入ってからあわただしく年末の大掃除をプロに依頼しようとしても、ハイシーズンの予約は激戦必至。プロに依頼するなら、スケジュールの自由度が高く、経済的にも健康面でも「お得」が多い秋がチャンス!はじめてのプロによる大掃除、この秋、一歩踏み出してみませんか?

■取材協力

全国でハウスクリーニングや家事代行を提供する会社「ベアーズ」の専務取締役、髙橋ゆきさん。「新年からお気に入りのものに囲まれた暮らしを実現するために、秋は必要なものを取捨選択しておくよいタイミングと言えるでしょう」

構成・取材・文/竹入はるな 取材・写真協力/ベアーズ

家の修理のカテゴリ

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

ほかのエリアで探す

北海道

東北

甲信越・北陸

中国

九州・沖縄

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧