「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2015/12/24 (木)

こんなに違う! 洗濯機の洗濯槽のカビ取り、ビフォーアフター

取材・文/石水典子 編集/ノオト
洗った洗濯物が臭うようになったこと、ありませんか? 実はこれ、洗濯機の中に生えたカビから衣類に菌移りをしている可能性があるのだとか……!

「洗濯漕のカビの原因は、湿気です。洗濯機は洗った後に濡れたままにすると、ぬめりやカビが出やすい状態になります。私は洗濯したら洗濯漕をタオルで拭いて、乾燥させるために4~5時間蓋を開けています。それだけでカビの生えにくい環境を保てますが、やはりカビ取り洗剤を使っての清掃は必要です」

こう話すのは、家事コンシェルジュ スーパー主婦sallyさん。洗濯機を衛生的に保つには、定期的な洗濯機の掃除は欠かせないとのこと。でも、どのくらいの頻度で掃除をしたらいいのでしょう?

「洗濯漕の掃除には市販の洗濯漕クリーナーを使います。説明書きに推奨されているように1~2カ月に1回は行いましょう。3~4カ月に1回だけだと、取りきれなかったカビが増殖してしまいますよ」

またsallyさんによると、カビが生えるのは洗濯漕の裏側だけではないといいます。柔軟剤の開けるところやゴミキャッチネット、蓋を開けた裏側のふちも要注意です。

洗濯漕のカビ取り清掃のポイントは、小物が入っている隙間

具体的な掃除方法について、sallyさんが自宅の洗濯機を見本にして、カビ取り掃除の手順を見せてくれました。今回は縦型の洗濯機ですが、ドラム型をお使いの場合は水位を調節するなど、洗剤の裏書きにある説明を参照してください。

「洗濯漕のカビ取りのコツは、柔軟剤入れやゴミキャッチネットなどの小物を取り外してから掃除をすること。小物が入っていると隙間まで洗剤が行き渡りません。取り外した小物はブラシでこすって、ぬるぬるしたところを掃除しましょう。細かいところの汚れが取れやすい、チャンネルブラシがオススメです。すでに黒ずんでしまった場合は、外してからスプレー式漂白剤をかけて漂白しましょう。小物類は、毎日水洗いするのがオススメです」

小物の数や付き方は、洗濯機によっても違います。外せるものは外し、汚れていないかこまめに確認してみましょう。

満タンに設定しても足りない水量の調節をすると◎

小物を外したら洗濯漕に水を入れます。縦型の洗濯機の場合、一番高い水位に設定しても満タンにならず、水が浸からない部分がきれいになりません。小さめのバケツで2杯くらい水を足すと、洗濯漕全体が清掃できます。

「小物が付いていた箇所は、ブラシでこするときれいになります。水の出てくる場所はピンクカビが付きやすいので、同様に掃除してください」

洗濯漕のカビ取り洗剤を溶かしたら、外した小物を一緒に入れて1~2時間浮かせておくと、ぬるぬるが落ちるそう。一つひとつ磨くのが面倒な時ときに楽ちんです。

実際に、洗濯機のカビ取りに挑戦!

洗濯機のカビ取りは、市販のクリーナーを使って定期的にしている筆者。sallyさんに話を聞いた後、自宅の洗濯機の内側の死角の部分が気になりのぞいてみました。蓋の裏側は鏡を使うとよく見えるそうですよ。すると……、黄色いカピカピの汚れがこびり付いていました。

こんな洗濯機で洗っていたとは……。実際に習った方法で洗濯漕の掃除を実践してみました。

小物を外すとカビはないものの、ひどい汚れのため漂白剤で漂白。今回使った洗濯漕用クリーナーには「水温が30~40℃のぬるま湯が効果的(50℃以上は故障の原因になるので注意)」と記載があったため、お湯を足しました。

2時間後、黒いカビが浮かんできました!洗剤の説明通り排水せずに4時間放置し、標準コースで一回運転してすすいだら終了。小物があった箇所も真っ白になりました!

クリーナーを使っての清掃も大切ですが、湿気対策をすることでカビ取りの手間が格段に減ります。最近は洗濯漕を乾燥する機能が付いた洗濯機も販売されているそうです。買い替えのときに、ほかの機種との比較で参考にしてもいいかもしれませんね。

洗濯漕が汚れていたら、洗濯物はその中で洗っているということ。洗濯した洋服を気持ちよく着られるように、ぜひ定期的な洗濯漕の掃除を実践してみてください。

プロフィール

スーパー主婦sally
家事コンシェルジュ。スマイル整理収納アドバイザー&ハッピーお掃除アドバイザー。整理収納アドバイス・お掃除レッスンサロン「sally’s kitchen」を自宅にて開講。テレビや雑誌に出演多数。
▼sally’s kitchen
http://ameblo.jp/kalamazoo/

取材・文/石水典子 編集/ノオト

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧