「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2016/01/13 (水)

ありがたや!心に響く掃除の格言5選

取材・文/根岸達朗 編集/ノオト
忙しい毎日のなかでは、つい掃除や片付けを後回しにしがち。家のなかをきれいに保ちたいという気持ちはあるけれど、ほかにもやらなくちゃいけないことが多すぎて、手が回らなくなっている人もいるのでは? そんな毎日にスパイスを与えてくれるのが掃除の格言。耳が痛い掃除の格言をいくつかピックアップしてみました!

衝動買いがやめられない?

「役にも立たず、美しくも無い物をあなたの部屋に置いてはいけない」(ウィリアム・モリス)

19世紀に活躍したイギリスの詩人、デザイナー、思想家のウィリアム・モリスさんの格言。なんとなく買ったのはいいけれど、ほとんど日の目を見ない雑貨類や洋服などを、刷り込まれた“もったいない精神”で持ち続けている人も多いはず。自分にとって本当に必要なものが何かを考えるきっかけにしたい格言ですね。

家のなかが散らかり放題?

「家のなかを整理することは、自分自身を整理すること」(カレン・キングストン)

風水を研究し、空間のエネルギーを浄化する独自の手法「スペース・クリアリング」を編み出したイギリス人作家、カレン・キングストンさんの格言。衣食住空間が無秩序に散らかっているのに、考え方がすっきりと整理整頓されている状態は、確かにあまり想像がつかないもの。自分の考えが煮詰まっていると感じたときは、とりあえず掃除してみるのがいいのかも?

三度の飯よりおしゃれ好き?

「おしゃれの女は、掃除が下手と見て、だいたいまちがいない」(瀬戸内寂聴)

数多くの名言・格言を残している天台宗の僧侶で小説家の瀬戸内寂聴さんの一言。身を取りつくろうことばかりに目を向けてしまうと、内面が疎かになる可能性も否定はできないというもの。もちろんこれは男性にも言えることですよね。

お金が貯まらない?

「きれいな家に貧乏なし、汚い家に金持ちなし」(Dr.コパ)

風水研究で有名なDr.コパさんの格言。お金の悩みが尽きないのは、家のなかが散らかっているから……そう思って持ち物の整理整頓や部屋の掃除に取り組むと、普段とは違う景色が見えてきそうです。

掃除に対してやる気が出ない?

「ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる」(鍵山秀三郎)

長年に渡ってトイレ掃除の活動を続けている、イエローハット創業者・鍵山秀三郎さんの格言。掃除に対して腰が重い人は、日々の積み重ねの大切さを意識して、目の前にあるゴミを1つ拾うことから始めてみてはいかがでしょう?

シンプルながらも心に響く格言の数々。グサッときたときがチャンスと思って、ぜひおうちの掃除に取り組んでみてください!

取材・文/根岸達朗 編集/ノオト

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧