「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2016/03/09 (水)

夫婦の家事分担の実態は? リアルな声を聞いてみた

文/南澤悠佳(ノオト) 編集/ノオト
夫婦の家事分担を決めて、しっかりお互いに守れていますか? これがうまくいかないと夫婦げんかの火種になったり、ネット上で論争が巻き起こったりすることも……。特に共働き家庭なら、それぞれの担当者をきちんと決めて家事の負担を軽減したいと考える人は少なくないようです。

実際のところ、皆さんはどう家事を分担しているのでしょうか? リクルート住まいカンパニーの独自調査(cocoRoba)で、20~60代の25名に聞いてみました。

<家事を分担していますか?>
している…14人
していない…8人
どちらともいえない…3人

家事を分担している派の意見

「遊び心を入れて、家事の分担を賭けごとにしています。何かの勝負ごとに負けたら今日の皿洗いとか、ゲーム性を持たせると夫も面白がりますね」(51歳・女性)

「1週間ごとに担当が入れ替わります。今週は風呂掃除やトイレ掃除やゴミ出しだったら、来週は掃除機や洗濯、ゴミの分別、拭き掃除、といった具合に。ただし、皿洗いは一緒にしています。掃除が行き届いていないときには、パートナーが指摘します」(38歳・男性)

家事を分担していない派の意見

「家事分担はしていません。夫は、夜勤明けや仕事が休みの日(平日のみ)は、夜ご飯をつくってくれています。助かるのですが、つくりっぱなし、油が飛んでいるなどで後始末が大変です……。また、冬は寒いからと鍋料理が多くなり、子どもたちからは不評なことも……」(33歳・女性)

「特に分担はしていないのですが、私がずぼらなのでパートナーがよく掃除をしてくれています。私は料理・洗濯を受け持つことが多いですね。習慣の違いから不満に思うことは多々ありますが、お互いさまと思って飲み込むようにしています」(34歳・女性)

このほか、明確に役割分担はしていないものの、「できるほうがする」(43歳・女性)というように、臨機応変に対応している夫婦も見受けられました。

以前は、家事代行サービスを利用していた!

なお、数年前の共働き時代は、家事代行を利用していたという回答も。

「リビング、キッチン、バスルーム、トイレの掃除を1カ月に1度してもらっていました。鍵を預けて、留守の間にしてもらっていたので、帰宅すると、部屋がきれいになっているのがとても楽しみでした。プロの掃除は、本当にどこもかしこもピカピカにしてくれたので。もともと家事が原因でよくけんかしていたわけではありませんが、家事に追われない分、より気分的に楽になったと思います」(69歳・女性)

一緒に生活を共にする空間だけに、家事の分担を決めて守ることは、夫婦円満のポイントなのかもしれません。「1~2週に1日くらいは何もしない日をつくっています」(44歳・女性)という声もあるように、どうしても家事に疲れてしまったときは、上手に息抜きを取り入れてみると良さそうですね。

文/南澤悠佳(ノオト) 編集/ノオト

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧