「家事のミカタ」はハウスクリーニングや家事代行の情報をはじめ、家事や暮らし、子育てに関するコラムを掲載しています。
2016/04/27 (水)

プロに頼んだほうが断然早い掃除3選

取材・文/石水典子 編集/ノオト
頑張って普段している自宅の掃除。なかには、プロに頼んだほうが、その手間からは考えられないほど速くて少ない労力で済む掃除があるのです。 そこで、家庭の掃除のなかでも、プロのほうが得意な箇所や汚れのベスト3を家事代行業者クリーンクルーの広報担当者井上さんに聞いてみました。

1. 浴室の石化した汚れ

浴室の掃除で困るのが、こすっても落ちない鏡うろこ。鏡うろこは水道水に含まれるカルキ、石灰水、ミネラル成分、塩素などがウロコ状に付着した汚れをいいます。鏡うろこは家庭で落とすことはできますか?

「市販の酸性洗剤や人口微粒子ダイヤモンドを配合したシートの付いたパッド、クレンザーなどで落とすことは可能です。しかし、くもり止めのコーティングがされている鏡の場合、研磨剤で落とそうとすると傷が付いてしまいます。また何層にも重なった汚れは、それらの掃除では表層しか落とせない場合があります」(井上さん 以下同)

こすっても取れないと思ったら、汚れが積層化していたんですね……。

もう1つ、浴室で見られる、白く固まった水あかもなかなか落ちません。これも市販の洗剤では難しいですか?

「うろこ汚れと同じように、酸性洗剤やクレンザーなどが効果的です。ただ、硬さや厚さ、密着の程度によって、家庭用の洗剤や道具で落とすのには限界があります。重度の汚れは、プロによる削り取りや研磨作業が必要な場合もあります」

2. トイレにこびり付いた尿石や、隙間のばい菌

トイレの便器に付着した尿石は、市販の洗剤で取れますか?

「酸性洗剤やクエン酸、お酢などで、ある程度落とすことは可能です。でも、こびりついた尿石はやはり削り取りや研磨が必要です」

トイレの周辺は隙間が多く、ばい菌がたまっていないか心配なことも。汚れているのに掃除しにくい箇所はありますか?

「トイレタンクの上にある手洗い管の水の出る所は、一番菌の繁殖する場所です。ほかにも便座と便器の間、便座とタンクの隙間などは狭いので、汚れがあっても掃除のしにくい箇所ですね」

手洗い管、タンクのまわり、ウォシュレットや便座などの掃除は依頼できます。ただし、タンクは取り外せないので、裏の隙間はブラシで汚れをかき取ったり、使い捨ての布などで拭き取ったりするそう。

3. フローリングのワックスがけ

さらに、プロの仕上がりだからこそ見違えるのがフローリングのワックスがけです。フローリングのワックスは、人が歩く摩擦で少しずつ剥げてしまいます。また、油や水の液だれ、足裏の皮脂汚れ、カビなどでも汚れますし、古いワックスが劣化で黒ずんでくることもあります。床の保護や、見た目を維持するために、定期的なワックスがけが必要です。

「ご家庭でのフローリングのワックスがけは、基本的に以前のワックスに上塗りする形で塗布していきます。すると、古いワックスがむらになって塗られている状態になるので、5年に一度は、専用洗剤で剥がして新しいワックスをかけることをおすすめします。以前の塗布したワックスを剥離(はくり)して行うので、仕上がりは格段に違うと思います」

また、ワックスがけは家具を移動する手間も考えると、プロに頼んだほうが断然楽ちんです。

毎日の掃除でなかなか取れない汚れは、自分の時間をたっぷりと使うよりも、プロの手に頼ったほうがきれいになるもの。一度検討してみては?

プロフィール

クリーンクルー
あらゆるライフスタイルやニーズにお応えし、お掃除をするスタッフの手が作り出す最高のサービスでお客さまに喜びと笑顔をお届けします。サービス提供エリアも関東・東海・関西と順次拡大中です。
http://www.cleancrew.jp/

取材・文/石水典子 編集/ノオト

ハウスクリーニングのカテゴリ

人気記事ランキング集計期間:過去30日分

関連キーワード

ほかのエリアで探す

北海道

東北

甲信越・北陸

中国

九州・沖縄

あわせて読みたい関連記事

ハウスサービス一覧